北九州市の建築家8人

サービス地域

北九州の建築家に家の建設を依頼するメリット

北九州は、福岡市に次いで九州地方で二番目に大きな都市であり、県庁所在地以外でも川崎市の次になる人口の大きな都市です。北九州の北側は関門海峡と響灘に面し、西側は洞海湾、東側は周防灘をかかえる非常に海との関わりが深い地域になります。同時に、市内には紫川や板櫃川などが流れ、また、大小の山地も存在します。このように、市内の中でも多様な地域の特徴が見られる中、特に、響灘は日本海気候、周防灘は瀬戸内海気候の傾向があることから、地形や気候風土にも気を付けながら家づくりをしていくことが大切になってくると思います。そうした北九州で家を建てる際には、やはり地元の気候や地域の特性を十分に把握している北九州の建築家に依頼することで、その地域に適した家づくり、そして住まいを実現しやすくなると思います。

北九州で家を建てる際にかかる費用

北九州で家を建てる際にかかる費用はいくらであると、はっきりとした数字を述べることは難しいです。やはり、住宅を建てると言っても、土地の広さや建物の階数、家に求める性能や用いる建材のグレードなどによって、建設費用というものは大きく変わってくるからです。その中でも、1つの参考値として考えられるデータがあります。それが、独立行政法人の「住宅金融支援機構」が行う住宅ローン利用者を対象とした調査データです。これによると、北九州のある福岡県での注文住宅の平均建設費はおよそ3300万円で、平均床面積はおよそ130㎡となっています。また、土地付き注文住宅の場合には、平均建設費はおよそ4000万円で、平均床面積はおよそ116㎡となっています。これらの値を一応の参考にしながらも、住宅建設にかかる費用は1つ1つの事例で大きく異なる可能性があることも念頭に置いておくといいでしょう。(価格データは2018年12月記事公開時のもの)

北九州で家を建てる際の知っておきたい制限

北九州のように、建物の密集した地域が広範囲に及んでいる都市の場合、1つの建物で生じた火災が都市レベルにまでなるような延焼が起こらないために、建築における防火規制がしっかりと定められており、住宅建設においてもそれは他人ごとではありません。一戸建てにおいても、隣家や自宅から火災が発生した際に、外から火をもらわない、そして外に火を広げないために、外壁や屋根などにどれほどの耐火・防火性能が必要であるかが定められています。こうした性能規定は、「防火地域」や「準防火地域」といった地域ごとに決まっていますので、こうした点を土地探しから確認しながら、敷地をどこにするかを選んでみてもいいでしょう。

北九州の建築の特色

北九州は、もともと5つの市が合併したことによって誕生したことから、建築の特色としても様々なものがあると言えると思います。代表的なものとしては、市の北部にある門司区にある明治・大正時代のモダンな建物群です。門司港レトロ地区というように、そこには当時の独特の雰囲気が漂う都市景観が今でも残っています。一方で、若松区にある北九州エコタウンのように、次世代の都市の姿になるであろう、サステナビリティを追及していく街づくりが進められている地域もあります。こうした地域の特色が多様である北九州でより良い家づくりをしていくには、やはり地元のことに詳しい北九州の建築家に依頼することが一番ではないでしょうか。

北九州で家を建てる際に考えたいこと

北九州のような大きな街になると、希望する地域に土地を見つけて家を建てるようなことは容易なことではなくなってきます。もちろん、立地や土地の大きさなどにこだわらなければ選択肢も広がってくるでしょうが、その場合は一戸建てだけではなく、マンションも含めて家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。新築マンションを購入して、そのまますぐに入居するということもできますが、マンションを購入して建築家とともにリノベーションすることでマイホームを手に入れることも検討してみるといいと思います。マンションリノベーションであれば、新築マンションよりも安い費用で希望通りの間取りやインテリアデザインにしていくことも可能となってきますし、立地の選択肢の幅も大きく広げることができます。新しいマイホームを検討している方は、是非北九州の建築家とともにマンションリノベーションをしていくことも考えてみて下さい。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

建築家選びの参考にしましょう。

建築家選びのポイントまとめ

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真