川崎市の建築家441人

サービス地域

川崎の建築家

川崎の建築家に家の建設を依頼するメリット

川崎は東京と横浜に挟まれた場所に位置し、神奈川県内では横浜につづく第二の都市となります。何本もの私鉄が市内を走っており、東京へのアクセスも横浜よりも楽な地域です。市内は大きく東部・中部・西部に分けることができ、東京湾に面する東部は、京浜工業地帯の一部であり、現在では工場跡地などに高層マンションや住宅も建てられています。川崎駅がある中部は、地下街や駅ビルなど、商業が盛んな地域であり、近年駅周辺の再開発により街はさらに活気に溢れてきています。東京へ近く、電車を使ったアクセスも便利であることに加えて、再開発により数多くの宅地があることから、東京に近い場所で最も家づくりをしやすい街の1つでしょう。そうした川崎に家を建てる際は、街の特徴をよく理解した川崎の建築家に依頼することで、快適で便利なマイホームを手に入れることができるでしょう。

川崎で家を建てる際にかかる費用

家の大きさや住宅性能によって、住宅の建設費用は大きく違うため、一概に家を建てる際にかかる費用を言うことは難しいことです。ただ、大まかな目安として住宅金融支援機構が調査したデータを見ることができるかもしれません。それによると、住宅ローン利用者が神奈川県で注文住宅を建てる際にかかった建設費は約3300万円、床面積は約130㎡となっています。土地付きの注文住宅にかかった建設費は約4500万円、床面積は約105㎡となっています。建設費用はいずれも東京都に次いで全国で二番目に高い値です。もちろん、利便性の高い私鉄沿線などは特に値段も高くなりますので、そうした場所ではマンションを購入することも1つの方法となります。そこで川崎の建築家に建築費用を相談したり、マンションの価格を確認して、どうやって家を持つか、検討してみましょう。

川崎で家を建てる際に知っておきたい制限 

建物を計画・建設する際は、建築基準法をはじめ、様々な法規制に沿ったかたちで進めていく必要があります。それによって、住まいの安全性だけでなく、都市としての安全性や景観も守られていきます。その1つが耐震性でしょう。新築においては現在の耐震基準により、大地震が起きても倒壊しない強い耐震性を持った住まいとなりますが、注意が必要なのは中古の住宅やマンションです。1981年(昭和56年)に耐震基準が改正したことから、それ以前あるいはその時期に建てられた建物では耐震基準の確認と同時に、耐震強化をしっかりと行っていきましょう。こうした基準については、川崎の建築家などに確認してみましょう。

川崎の街の魅力

川崎の街の魅力は何と言ってもアクセスの良さではないでしょうか。羽田空港もすぐ近くにあり、京王線や東急東横線を通じて、渋谷や新宿といった東京へのアクセスも便利となっています。また、東京湾アクアラインの起点も川崎にあることから、千葉へも車で約30分で行くことが可能です。最近では川崎の街自体も駅周辺の再開発により魅力的になってきています。また、多摩川などの水辺空間や街の西部を中心に緑が広がっていることから、豊かな自然を楽しめる地域もあります。川崎で家を建てる際は、そうしたアクセスの利便性や自然との距離も大事にしながら、土地や物件選びをしてみて下さい。 

川崎で家を建てる際に考えたいこと 

先にも述べたように、川崎のような大都市で鉄道沿いの利便性の高い立地となると、更地を購入することはなかなか難しいでしょう。そうしたことから、川崎で家を建てる際には中古住宅やマンションをリノベーションすることも考えてみるといいでしょう。それにより、物件の選択肢も広がり、より幅広い候補の中から自分にぴったりの物件を見つけることができるようになります。そうした中古の建物をリノベーションすることであなたのライフスタイルに合った間取りや好みのインテリアデザインとしていくためにも、是非川崎の建築家に依頼して素敵なマイホームをつくってみて下さい。

川崎で家を建てる際に他に考えておきたいこと

川崎で家を建てるのであれば、川崎の建築家だけでなく他の専門家にも相談したり、問い合わせてみましょう。例えば、を造るのであれば、造園会社に相談すると良いかもしれません。またキッチンについてはキッチンプランナー、そしてインテリアなどについてはインテリアデザイナーに相談すると、力になってもらえるかもしれません。夢のマイホームを手に入れるために、他の専門家にも相談してみましょう!