広島市の建築家40人

サービス地域

広島の建築家

広島の建築家に家の建設を依頼するメリット

広島は瀬戸内海に面する人口100万人を超す中国地方の最大の都市です。市の中心部は太田川が形成した三角州の平野部に広がっており、市内には多くの川と橋が行き交っています。街は海を埋め立てることと山の斜面を切り開くことにより拡大していきました。山側の開発は今も進んでいることから、広島で家を建てる際には高台の景色の良い土地が見つかるかもしれません。もちろん、そうした場所では土砂災害の危険性もありますので、地元の気候風土に詳しい広島の建築家に依頼することで、安全で快適な住まいづくりがしやすくなるでしょう。 

広島で家を建てる際にかかる費用 

家を建てる際の建設コストは、土地の大きさや住宅の床面積や階数、さらには内外装の仕上げ材の種類や性能によってかなり幅が出てくるため、最低限の住宅性能を求めるのであれば、建物自体の費用を1500万円に抑えることもできれば、無垢材や複層ガラスといったグレードの高いものを使っていけば5000万円を超えるような費用になることもあります。参考までに住宅金融支援機構の住宅ローンの利用者を対象にした調査結果を見てみると、広島県内で注文住宅の建設費用の平均は約2900万円で、床面積は約134㎡となっています。また、土地の購入した場合の土地代を含めた注文住宅を建てる際にかかるコストの平均は約3500万円で、床面積は約117㎡となっています。こうした値を参考に、広島での家づくりを考えてみることもできるでしょう。

広島で家を建てる際に知っておきたい条例 

最初でも述べたように、山を切り開いて宅地を広げてきた広島では土砂災害の危険性が高い地域があります。そのため、広島で家を建てる際、あるいは土地選びをする際はその土地が土砂災害特別警戒区域または土砂災害警戒区域に指定されているかどうかを確認してみて下さい。特別警戒区域では、建物の構造が規制されているなどの制限がありますので、特に注意が必要です。また、万が一のがけ崩れに備えた条例もあり、そこでは敷地が2m以上のがけの上にある場合、そのがけの高さの1.7倍以上の距離をがけからとって建物を建てなければならないこと、また5m以上のがけの下にある場合も同様の1.7倍の水平距離をとらなければなりません。逆に言えば、そうした条例などによって万が一の際の住まいや地域の安全が確保されていますので、そうしたことに詳しい広島の建築家とともに安全で安心の家づくりをしていきましょう。

広島の建築の特色 

広島の市内中心部には何本もの川が流れており、海にも面し、水との距離が非常に近い街です。それと同時に、平野部のすぐ背後には山々が連なり、その山腹を切り開いて宅地化が進んでいます。そのため、山の斜面にある家からはいくつもの島々が浮かぶ瀬戸内海の景色を眺めることもでき、敷地によっては宮島を望める場所もあります。そうした地域では敷地が傾斜しているため、切土や盛土で家の建てやすい平らな土地にしている敷地も多いですが、斜面をそのまま利用した建築も見られます。住宅においては、スキップフロアを上手に取り入れることで、地盤工事のコストも削減できるとともに、土地の特性を利用した豊かな住まいとすることも可能となります。 

広島で家を建てる際に考えたいこと 

広島の周辺部では新たに開発された宅地も多いため、更地を見つけることも難しくありませんが、平野部の街の中心部ではそうした敷地はあまり見かけられないかもしれません。もし、街中の利便性の高い立地を優先したい場合には、マンションも選択肢に入れてみるといいでしょう。特に中古のマンションを建築家に依頼してリノベーションしてもらうことで、あなたのライフスタイルや好みに合った間取りやインテリアデザインを新築マンション以上の魅力的なかたちで実現してくれます。広島で家を建てる際は、是非地元のことに精通した広島の建築家とともに家づくりをしてみて下さい。

広島で家を建てる際に他に考えておきたいこと 

広島で家を建てるのであれば、必要となるのは広島の建築家だけでないでしょう。例えば、日本庭園などを造ることを考えているのであれば、造園会社が力となってくれるでしょう。またキッチンに拘りたいのであれば、キッチンプランナーに相談するのも良いかもしれません。他にも、建具屋、そしてインテリアデザイナーなどといった、様々なの専門家に相談するのも重要です。広島の建築家など様々な専門家に問い合わせて、夢のマイホームを手に入れましょう。