福岡市の建築家77人

サービス地域

福岡の建築家

福岡の建築家に家の建設を依頼するメリット 

福岡は九州地方の最大の都市であり、九州の経済や文化の中心地となっています。市内は沿岸部が広い範囲で埋め立てとなっていること、市街地のほとんどが福岡平野にあり大きな河川もないことから、市内を自転車で移動することも比較的楽で、また空港と市の中心部が10分以内で行き来することができるなど、交通手段に関して非常に利便性の高い街となっています。地震などの自然災害が比較的少ない街でもありますが、市内を流れる河川は小規模なため、集中豪雨の際には河川が氾濫してしまう可能性が考えられます。そうしたことからも、福岡で家を建てる際は地元の気候風土に精通した福岡の建築家に依頼してみると快適で安心の住まいを建てられるでしょう。

福岡で家を建てる際にかかる費用 

住宅を建設する際のコストは、家の規模や性能次第で大きな幅がでてくるため、福岡で家を建てる際にかかる費用がどの程度なのかをはっきり言うことはなかなか難しいことです。しかし、住宅金融支援機構がまとめた住宅ローン利用者を対象にした調査結果を参考にその目安を知ることは可能です。この調査によれば、福岡県で住宅自体にかかるコストの平均は約2800万円で、平均の床面積は約135㎡となっています。また、土地を購入した場合の土地代を含めた建築コストの平均は約3300万円で、平均の床面積は約117㎡となっています。建築家に依頼した場合、あらかじめ予算を伝えておけば、様々な工夫やアイデアでもってその予算内で収める家づくりをしてくれます。ですので、福岡の建築家などに依頼をして、住宅の質だけでなく、コスト面でも満足のいく住まいをつくってみて下さい。 

福岡で家を建てる際に知っておきたい制限

建物を建設する際は建築基準法や都市計画法などを遵守しながら進めていくわけですが、家づくりの過程ではそうした規制は建築家に任せることになるでしょう。しかし、土地や物件選びの際に知っておきたいものもあります。それは、防火に関する規制です。特に福岡のような広範囲で市街地が広がり、建物も密集する都市では、万が一火災が発生した場合に備えて都市スケールでの規制が設けられています。それが、防火地域や準防火地域といった地区別に指定されている規制です。それによって、建物を耐火建築物や準耐火建築物などにする必要が出てきます。福岡で家を建てる際も、候補の敷地がどのような規制がかかっているかを福岡の建築家などに確認してみて下さい、

福岡の街の魅力 

福岡に何となく魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。実際に、県外から福岡に移住してくる人口も増加しているようです。その要因となっている1つが、福岡の住環境の良さかもしれません。空港や地下鉄も利用しやすく、自転車での移動も楽であることに加え、街は海と山にも近いことから、都会に住んでいながら気軽にすぐ自然を楽しむことができるコンパクトシティと言えるでしょう。そうしたことから、他の都市と比べると、あまり通勤時間といった立地条件を厳しく設定する必要がなく、街の広い範囲で土地や物件選びを可能にしてくれる街かもしれません。

福岡で家を建てる際に考えたいこと

福岡ほどの大都市となると、市内には多くのマンションが建てられています。新築マンションを購入することもできますが、中古マンションをリノベーションすることも選択肢に入れると、希望に合った物件を見つけることもより楽になるでしょう。また、新築マンションはすでに間取りやデザインが決まっていますが、中古の物件をリノベーションすれば、あなたの生活スタイルや好みに合った間取りやインテリアなどのデザインをこだわれる点も大きな魅力となり、より良いマイホームを手に入れることにもつながります。建築家の多くは、マンションのリノベーションにも対応できるので、福岡の建築家に相談してみてください。

福岡で家を建てる際に他に考えておきたいこと

福岡で家を建てるのであれば、福岡の建築家だけでなく、他の専門家にも相談してみてはどうでしょうか。例えば、を造るのあれば、造園会社に問い合わせてみると良いでしょう。他にもキッチンプランナーや、インテリアデザイナーなどが、力になってくれるでしょう。家を建てるのであれば、ぜひ多くの専門家に相談してみましょう。