Chiba の 建築家 | homify

千葉市の建築家21人

サービス地域

千葉の建築家に家の建設を依頼するメリット

千葉は東京都心から40㎞ほどの距離に位置し、横浜や埼玉などと並んで東京のベッドタウンとしての役割を担っていますが、それと同時に、千葉県最大の都市として県内の政治や経済、文化の中心地という東京に依存しない経済・生活圏なども持っています。街の面積としても大きく、その分、住宅が密集する地域もあれば、若葉区や緑区といった自然が広がる地域、さらには、沿岸部の埋め立て地など工業施設が建ち並ぶ地域もあります。1つの街の中でも様々な地域性があることから、千葉で家を建てる際には、そうした地元のことに詳しい千葉の建築家に依頼することで、よりスムーズにそしてより良い家づくりをしていくことができるでしょう。

千葉で家を建てる際にかかる費用

住宅を建てる際にかかる費用を一概に述べることはなかなか難しいです。建設費用というのは、立地や敷地・床面積、建物の階数や形などによって大きく変わってくるからです。それでも、やはりおおよそどれくらいの費用がかかるか気になるかもしれません。1つ参考になるデータを紹介すると、住宅金融支援機構が調査した住宅ローンの利用者における住宅建設費ですが、これによると、千葉県で土地代も含めた注文住宅の建設にかかるコストの平均は約4100万円で、床面積は平均約114㎡となっています。最初に述べたように、千葉と言ってもその範囲は広く、立地によって土地代も変わってきますし、敷地の大きさが変われば床面積や建物の形も変わってきます。費用についてより詳しく知りたい方は、実際に建築家に簡単な見積もりをしてもらってみるといいでしょう。建築家の役目というのは、予算内でいかにより良い建物を設計していくかでもありますので、建築家に予算を伝えて、その予算内でどのような住まいが建てられるかということも加えて話し合ってみるといいと思います。(価格データは2018年12月記事公開時のもの)

千葉で家を建てる際に知っておきたい制限

住宅など建物を建てる際には、建築基準法や都市計画法に従って計画していく必要があります。それに加えて、条例などによって街ごとに独自のルールを定めている地域もあります。そのような制限として、千葉で家を建てる際に知っておきたいのは「地区計画」です。千葉では地区単位で、それぞれ住環境の維持や改善などを目的として、建物の高さや塀の高さ、壁面の位置や外壁の色など、非常に細かな部分まで定められています。千葉で家づくりをしていく際には、こうした制限について詳しい地元の建築家に依頼することで、より安心して計画も進めていくことができるでしょう。

千葉の街の魅力

千葉の街の魅力、千葉に家を構える魅力としては、やはり東京のベッドタウンという都心へのアクセスのしやすさがまず挙げられるでしょう。それでありながら、都心に家を建てるよりもコストを抑えることができますし、住環境としても静かでより良好な地域が大きく広がっています。また、冒頭でも述べたように、千葉の中でも多様な地域性があることも魅力の1つだと思います。政治経済の中心である中央区、「職・住・学・遊」が混ざり合う未来型の国際都市が街のコンセプトである新都心の美浜区、千葉大学など教育機関が集まる稲毛区、緑豊かで自然と身近な街づくりが進む緑区など、千葉でも色々な地域の特徴がありますので、千葉で家を建てる際には敷地選びも非常に重要となってくるでしょう。そうした地元のことに詳しい千葉の建築家に、敷地選びから家づくりを依頼することも検討してみるといいかもしれません。

千葉で家を建てる際に考えたいこと

千葉のような大きな街になると、マンションを購入することも含めて家づくりを考えていくことで、より幅広い立地や住まいのかたちを視野に入れることができるでしょう。その際には、新築マンションを購入することももちろんですが、中古マンションを購入して建築家とともにリノベーションすることも選択肢に入れてみて下さい。そうすることによって、より利便性の高い立地に建つマンションを見つけることも難しくないでしょうし、リノベーションをすることで、築年数が大きなマンションでも新築マンション同等あるいはそれ以上の性能やライフスタイルや好みに合った間取り・インテリアにしていくことも可能となります。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

建築家選びの参考にしましょう。

建築家選びのポイントまとめ

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

関連する写真を見る