松本市 の 建築家 | homify

松本市 の 建築家 44840 人

藤松建築設計室
藤松建築設計室は風土に根ざした心地よい空間を目指し、クライアント共に良質な住宅を創りたいと考えています。
源池設計室
源池設計室は長野県松本市にて、夫婦二人が設計活動をしている 一級建築士設計事務所です。それぞれの目線から『いえづくり』を考え、  デザイン性、使い勝手、環境性能、コストバランスの良い住宅づくりをご提案、心地のいい空間づくりを目指して日々活動
林建築設計室
長野県松本市の建築設計事務所です。長野県内全域で主に住宅設計・別荘設計(軽井沢・蓼科高原・八ヶ岳)を手掛けています。  建築家・林 隆 主宰 (JIA日本建築家協会会員、建築士会会員)
株式会社 mA建築計画工房
住宅は、そこに住む方々にとって、重要なベースとなる場所だと考えています。 生活をするのに必要な機能空間が備わっているだけでは、十分とはいえません。 住み方々に「楽しさ・安らぎを与え、気持ちをリセットさせてくれる場所」であって欲しいと思っています
江建築設計事務所
江建築設計事務所は、クライアントの『想い』を形にする架け橋をさせて頂いております。場所が放つメッセージと想いを融合させた、新たな空間づくりを目指しています。
 スタジオアウラ一級建築士事務所
長野県 Our design aims to integrate the old and new into a modernized Japanese architectural language. 私達の考える建築はさまざまな条件との調和
設計室a‐ray
設計室a-rayは、信州・長野県安曇野市・松本市を中心に、住宅・店舗の設計・監理を行っている建築設計事務所です。 その土地や風土、そして環境に適したデザイン、木・鉄・土などの自然素材を使った居心地の良い空間、予算に見合った適切なコスト計画、
アトリエ・アースワーク
住宅だけではなく、お店、医院、保育園などの医療福祉施設など、大きなものから小さなものまで、また、新築、リフォームなどジャンルに関わらずご相談ください。 まずはコミユニケーションをとるところから始めましょう。 会って色んなことを話しましょう。
尾日向辰文建築設計事務所
ひとつの建築ができることで、その場所の魅力が増し、建築主ばかりではなく地域の人々からも好感を持って受け入れられ、年を経るごとに味わいが増して、いつまでも愛される建築。そんな魅力的な建築を目標にして、日々の建築設計に取り組んでいます。 大切
有限会社 住まい考房
降幡廣信氏の下で木造住宅や古民家再生、店舗の設計監理を経験し同業である妻と二人で現在の事務所を開設。「風土と歴史に根ざした住まい」の提案を心がけています。デザインコンセプトは「伝統とモダン」。和風からクラッシクな洋風建築を得意としています。
竹内裕矢設計店
一つ一つの住宅を丁寧に丁寧に時間を掛けてお仕立て致します
勝家建築研究室
古民家の古材,珪藻土やしっくい等の自然素材を使って住宅、別荘、医院、店舗をデザイン設計する一級建築士事務所です。 住んでいて心と体を健やかにしてくれる、ゆとりや遊びがある家を、建て主の方と一緒に楽しみながらつくりたいと思っています。
池内建築図案室
池内建築図案室は木造の建物を中心に新築・再生・リフォームの設計を行っています。気候風土に合った、時間と共に美しくなる簡素な建物づくりを目指します。
片倉隆幸建築研究室
住宅の設計を得意とする建築家であり 建築設計の教育にも携わっております。 趣味はジョギング等 自然に親しむこと・・・ 自然のもつ法則性のようなものを発見しながら住まいの設計へも取り込んでいきたいと考えています。 私たちの暮らしや生活
安藤建築設計工房
住まいを作るというのはこれから家族がどんな暮らし方を望み、もっと豊かに暮らしていくにはどうしたらいいかを話し合う出発点ではないでしょうか。トレンドやスタイルに流されること無く自分らしく生きられる。そして、地球や地域の自然環境に配慮し優れた日本
スズケン一級建築士事務所/Suzuken Architectural Design Office
長野を拠点として、全国各地にて活動しています。建物に寄せる想いや、物語りを織り交ぜて設計することを得意としています。あなたにとって素敵な建物を提案します。 ご相談はスズケンのウェブサイトにある「CONTACT FORM」をご利用いただくと便利
アトリエくら
長野県上田市にある建築設計事務所です。 住宅、医院、店舗、事務所、工場等、様々な建築に関わる業務を行っています。 住宅は超低燃費のパッシブデザインの家をつくっています。高断熱化とともに、太陽の光を上手に取り入れたり遮蔽したり、風の流れを活かしたりして
(有)ガンバ建築設計
建築デザインの氾濫から、環境、風土に即したものへと建築はそのフォルムを取り戻していく必要があります。 冬は太陽の光、熱を十分に採り入れ、夏はそれを遮り、風が抜けるようにします。採り入れた熱を保つための、また厳しい熱を遮るための形態、必要な断熱
関連する写真を見る