Osaka, Japanの建築家、atelier m | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3
atelier m
edit edit in admin レビューをリクエスト 新しいプロジェクト
atelier m
atelier m
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

プロジェクト

「夢は必ず実現する、してみせる」 

「こんな暮らしをしてみたい」「あんな建物でこんな仕事をしてみたい」 全ては、夢を描くところから始まります。

何としても実現するという、強い気持ちがあれば、夢は必ず実現します。してみせるのです。

それを阻むのは、諦めや頭の中で作ってしまう限界です。 その夢が人として正しく、幸せに繋がるものであれば、建築に出来ないことなど無いはずです。時代を100年遡れば、不可能だと言われていた事の多くが、実現していると思うのです。

もちろん、夢の実現は現実との葛藤なくしては有り得ません。敷地条件が厳しい、予算が決まっているなど、難しい条件の数だけ解決する方法もあると思うのです。

条件が厳しければ、それを上回る情熱で挑みます。あとは信念をもって行動するだけ。

本気のクライアントと、本気で仕事を出来ること程、幸せなことはありません。そんな時「幸せな建築」が生まれると思うのです。

提供サービス
建築設計
営業エリア
OSAKA, JAPAN, と Osaka
受賞歴
  • 2011年  「Ohana」が『第5回キッズデザイン賞』を受賞
  • 2013年  住之江の元長屋が『匠が選ぶビフォーアフター大賞2012』空間アイデア部門賞受賞
  • 2013年  住之江の元長屋が「大阪の住まい力アップ:第1回リフォーム・リノベーションコンクール」で 戸建部門、最優秀賞を受賞。
住所
5-6-24 Hiranonishi Hirano-Ku
547-0033 Osaka, Japan
日本
+81-667030181 atelier-m.com

レビュー

予算、期間等少し無理なお願いだったのですが、こちらの期待以上に頑張って頂き本当に感謝しています。 職場と自宅の設計を依頼したのですが、どちらもとても快適です。 守谷さんにお願いして本当に良かったと思います。ありがとうございました。
約一ヵ月前
プロジェクト日程: 7月 2017
結婚を機に新居を設計していただきました。 我が家は2階3階部分の大きな一枚ガラスが特徴的な三階建て住宅です。南向きの土地の利点を最大限に活かし、太陽の光を室内に取り込み、とても明るい家にしていただきました。また、天井も高く室内空間が広く感じられるので、本当に住み心地が良い家です。 家族皆が大好きな家を設計していただけた事、心から感謝しています。
2 ヵ月前
アトリエm、守谷さんを知ったのは、クリニックを新築し移転するため、インターネットでクリニックの建築経験がある建築家を検索しているときでした。 今まで、自宅の建築、クリニック開院時のテナント内装工事と大規模改装の計3回建築に携わり、その都度、違う設計士の方とご一緒させていただきましたが、次回もお願いしたいと思うことがなく、今回のクリニック建築の依頼先に悩んでいました。 そんな時、インターネットで検索していて目が留まったのが、アトリエmさんのHPにある「ゲツモク日記」でした。長年にわたり、月曜と木曜の週に二回、日記を書き続けるのは簡単にできることではありません。内容も機知に富み、守谷さんの人柄もにじみ出ています。これを見て、この方に会って話を聞いてみたいと思い、連絡して事務所を訪れました。 最初の訪問時に、なぜアトリエmに目が留まったかを聞かれ、「ゲツモク日記の継続力と内容から見えてくる人柄」と答え、「作品ではないんですね…」とガクッとされたことが昨日のように思い出されます。(もちろん、作品も魅力的だったのでオファーしました!) その後の定例のミーティングで、施主(私)の生い立ちから現状、仕事、家庭、趣味嗜好など、一見建築とは関係ないようなことまでお話しし、私や私のクリニックに対する思いを十二分に問診?されました。(これが設計の細かなところに反映されてきます) アトリエmや現場での打ち合わせは数十回、200時間は優に超えたと思いますが、あっという間でした。 設計の段階では、こちらの希望を第一に、できることできないことを教えていただき、そして、様々なプランやアイデアを提案していただきました。また、建築はコストとの戦いですが、設備等の価格の調整提案も様々なアドバイスをいただきながら一緒に考えていただけます。 設計から施工期間まで、次々と生じる問題点にも適切に対応していただき、消費税増税が決まっていたため、かなりタイトなスケジュールの中、クリニックの建物はもちろん、MRIやCT等の医療機器に関する特殊な設計・施工管理も、きっちりとしていただけました。 おかげさまで、令和1年9月、綱渡りのようなタイトなタイムスケジュールの中、無事にクリニックをリニューアルオープンでき、明るく開放感のあるクリニックは、患者さんやスタッフからも大変好評をいただいています。 もうすぐ、移転してから1年になります。今振り返っても、忙しかったですが、楽しく有意義な時間でした。 10年後ぐらいに自宅のリノベーション又は建て替えを考えているので、その際には、是非、守谷さんにお願いしたいと思っております。
2 ヵ月前
プロジェクト日程: 9月 2019
Prof pin.png%7c34.6193579,135

掲載された特集記事