この家は古い住宅地に建つため、周囲の街並みに合わせてスケール感を重視し、玄関の庇を低く抑えています。その結果、「顔」である玄関アプローチはモダンな外観でありながらも落ち着きのある佇まいとなり、訪れる人を包み込むような雰囲気とすることができました。 窓の位置は周囲との関係から決めているので、室内は常に柔らかな光で満たされています。リビングでは庭木を眺めながら安心して寛ぐことができ、ダイニングは特に開放感に溢れ、木漏れ日のウッドデッキへとつながっています。敷地は南傾斜のひな壇のため2階からは遠くの景色を望み、書斎には大きなワーキングデスクと本棚、さらにはピアノを置いて、家族の活動の場となるよう計画しました。 これらの空間をコンパクトな動線上に点在させることで、どこにいても家族の気配を感じることができる空間となっています。

色: 白色
素材: 木
クレジット: ブレッツァ・アーキテクツ
類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。