接道している敷地の東側の間口が狭いものの現状は東西南の三方がひらけている。そこに木造三階建の住宅を計画している。将来的には三方に同規模の建物が立つことも考慮しながら計画している。間口が狭いからこそ、長い奥行き方向に光を奥まで届けるように、視線を遮るものを配置しないように、階段、収納、トイレ、構造を北側に寄せ、残したスペースで広さを感じるような間取りとしている。2階のリビングダイニングに連続したテラスとは別に3階にもテラスを設け、明るい物干しスペースを確保しつつ、テラスに面した吹抜けを介して2階のダイニングにも自然光を落としている。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。
私の見積もり依頼が専門家に転送されることになります。「リクエスト」をクリックすることで、利用規約を読んだことに同意します。