< >
高城の家 西川真悟建築設計 モダンデザインの 多目的室
< >
高城の家 西川真悟建築設計 モダンデザインの 多目的室
< >
高城の家 西川真悟建築設計 モダンデザインの 多目的室

自然素材をふんだんに使った2階リビングとオーダーキッチン

ライフステージを上階にする 家族の集う場を潤沢な採光の場へ・・・

そこには明るい空間があるだけでなく、リビングデッキから、広大な湖が眼下に見渡せます。

鉄骨構造のウッドデッキはラーメン構造としているため、柱4本のみで筋交いはなく、下はすっきりしていています。

檜の式台 和の玄関では定番。土間を照らす、ガラスブロックの上の、シームレス照明を仕込んであります。

ドレッシングスペース。ミラーは大きく。女性が多い家族なら尚そうしたいです。

常に使う場でもあるので、清潔に保ち、そしてガラスの透明感もほしい部分です。

ドレッサーは、見た目と使い易さを両立し、便利に機能しなくてはならないでしょう。

和へのいざない・・・ 塗りはもちろん、紙 木 竹 を使う、ここで何する・・・ 花を愛でる  茶を点てる  香を愉しむ

階段を上がり2階へ 両壁を左官で仕上げた、明るくも少し閉塞感のある階段。

でも階段を上がるとそこは 爽快なリビング 風が抜ける 光が通る 視界が通る フルスライドを開けてデッキと一体とする 気持ちいいです。

広い空間を確保できるなら ロフトも取り込みます。

世にあるロフトのほとんどが、使われなくてホコリの置場となっていますが、このロフトはちがいます。

1階のサニタリースペースなどは仕切る壁があり、2階の広い空間を1階の壁が支えてくれます。

そして2階の壁は屋根を支えるのみなのでそう荷重はありません。

オーダーキッチン 2階リビングのメインとし、女性の多い家族だからというわけではないですが、 料理を愉しむにはまさにこれでしょう。

天板は石。 美しく大きく。 奥行きは1200mm 十分な食器収納スペースでもあります。

美しいトイレは心地いい。 常に清潔にしておく気持ちになります。

白の床タイル ガラスモザイクの透明感 縦長の窓は均等な光を差し込んでくれます。

2階のトイレの壁は波型模様。

類似する写真
注釈