地形に寄り添う家: 一級建築士事務所ROOTEが手掛けた家です。
地形に寄り添う家: 一級建築士事務所ROOTEが手掛けた家です。
地形に寄り添う家: 一級建築士事務所ROOTEが手掛けた家です。
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK

敷地は福岡県福岡市中央区の丘陵地の裾野に位置し、北下がりの傾斜地で、高低差が南北方向に4m、東西方向にも1m程度ある。南側の敷地幅が16mあるのに対し、北側では4.5mと細くなった南北に長い三角形に近い形状となっており、平面的にも断面的にも変形している。

家族構成は夫婦と2人の女の子の4人家族。建て主の要望は、広いプライベートな庭を確保することと家族の雰囲気が常に感じられる間取りであった。

できるだけ広い庭を設けるには、敷地を最大限に活かす必要があった。そのため傾斜地の造成で一般的に用いる擁壁を設けず、建物と塀の基礎で土留することで、敷地境界いっぱいまで建物を寄せている。また、外壁の延長として伸びる塀を敷地の外周部に巡らせることで、2つのプライベートな庭と住宅内部を包み込んでいる。

建物は2つのヴォリュームが噛み合うような構成としており、東側のヴォリュームは地形を活かしたスキップフロアとし、西側のヴォリュームは低層に抑え、道路勾配と合わせた屋根勾配としていて、地形と呼応するような景観を目指した。 東側のヴォリュームには、LDKと主寝室、子供部屋といった主たる生活スペースをまとめ、スキップフロアとすることで、庭からLDK、多目的室、主寝室、子供部屋が緩やかに連続し、家族の雰囲気が常に感じられる場としている。

変形地ということを逆手にとり、地形を活かすことで、この敷地でしか実現し得ない住宅ができたと感じている。

クレジット: HIROKI KAWATA
類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。