母屋の脇に建てられた若夫婦の為の新居。敷地条件により、「南北に長い建物」という制約があった。

オープンな間取りで平面的な、高さ5.25mの吹き抜けで立体的な空間のボリュームを確保し、間口の狭さを感じさせない空間を作った。

より光と風を取り込む為に、直線的な動線と、2階廊下をスノコ状に。

視線は南の大きな開口部へと向かう。視線の先には、田園風景と青空が広がる。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。