黒漆喰の壁に枝垂れ桜が映える オリジナルな 家 の 一級建築士事務所 ヒモトタクアトリエ オリジナル | homify
< >
黒漆喰の壁に枝垂れ桜が映える オリジナルな 家 の 一級建築士事務所 ヒモトタクアトリエ オリジナル
< >
黒漆喰の壁に枝垂れ桜が映える オリジナルな 家 の 一級建築士事務所 ヒモトタクアトリエ オリジナル
< >
黒漆喰の壁に枝垂れ桜が映える オリジナルな 家 の 一級建築士事務所 ヒモトタクアトリエ オリジナル

―昭和11年の創建当時の外観を再生させる―

昭和11年に創建したこの建物は、昭和20年の岐阜市大空襲を間逃れ、昭和34年の伊勢湾台風で傾きながらも、
その後、高度成長期、現在へと幾度と無く改修を重ねながらも、大正11年生まれのクライアントと共に生きてきました。  そこで、この建物が持つ本来の魅力を引き出す耐震改修のあり方がテーマとなりました。

(改修/住宅/約120㎡/木造2階/岐阜)

類似する写真
注釈