平屋を基本として、ヨコに広がる空間構成を考えた。一部2階を設けるが、小屋裏部屋的な空間構成とし、1階部分と積極的な繋がりを心がけ外観上の上へのボリュームを抑えている。室内は適宜設けた開口部(木製建具)により、庭と繋がり、外との関わりを深めている。また、薪ストーブを居間の中心へ据え、見た目の暖かさを演出することで、家族の集う「場」を所々に散りばめてみた。低い天井、大きく吹き抜けるところなど、立体的なメリハリもあることで、実面積以上の広がりが感じられるはず。この住まいは、小さく住まうための工夫をいっぱい散りばめた、「プレタポルテ」なのかもしれない。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。