南の風を高い所から取り込めるよう、地面をめくり上げたような緑化した屋根、外廻りはアルミサッシとガラスで覆い、集落の風景や人、空や緑を身近に感じて暮らす『外に開いた家』を考えた。建物は、シンプルでオープンな構成ですが、ロフトや大きな玄関土間では、家族それぞれが心地よい居場所を見つけ、思い思いの事をしながらも家族の気配を感じることができます。内部は家族と共に年を重ね、風合いを増し、成熟していける自然素材で仕上げ、壁の漆喰や木部の柿渋は、家族や友人で塗りました。直接家づくりに関わることで建物への愛着が増し、今後自分たちで手を入れていける力強さが生まれます。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。