山手に位置する住宅団地内の専用住宅。多趣味なクライアント一家の日常の生活を包み込み、時にはその豊かな感性を解放させる場。機能の限定を排し豊かさと柔軟性をもつ建物を目指し設計した。例えば、玄関、廊下の通常の住宅における共用部分の中でも特に限定的な機能しか持たないスペースにおいて、玄関は天井を高くとり、広めの土間とすることで家族や仲間が集まるホールとして、廊下には書棚を設けライブラリーとして、また外部のピロティーは通常駐車スペースとなりがちであるが、駐車スペースを手前に確保してあることから、それこそ用途を限定しない何かを想像する度に「あてになるスペース」として様々な役割を担うことになるだろう。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。