敷地眼下には湖面を控え、その先には沖縄の世界遺産の一つ座喜味城を眺める場所に建つ別荘である。沖縄の亜熱帯気候の特性を活かし、広々とした開放的空間と庇の深い木造屋根によって、バリのようなリゾート空間を演出するよう計画している。沖縄の自然環境のなかで、建築的には風と暑さに対してどう向き合うかについて、屋根・建具・構造・材料などの各構成要素について検討し組み上げている。沖縄ならではの建て方となっている。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。
私の見積もり依頼が専門家に転送されることになります。「リクエスト」をクリックすることで、利用規約を読んだことに同意します。