自宅と共同住宅の計画。

両親のための終の住処と、相続対策も兼ねた賃貸住宅の2棟です。

自宅と賃貸、2棟が並んで建つということは街並みを形成するということ。

バラバラに計画するのではなく、屋根の稜線を揃えるとともに、外壁の位置を揃え、 小さいながら、シンプルで一体的な街区を形成しています。

マリンスポーツとものづくりが好きなオーナーに相応しい空間にしようと、 海辺のファクトリーのような内部空間をつくろうと考えました。

内部の壁仕上げは合板に自然塗料を塗っただけの簡素な仕上げとし、 天井はガルバリウムの波板で工場らしさを演出しています。

両親の車椅子生活を想定し、エントランスは三和土を設けずフラットにするとともに、 床はパイン材のスプーンカット塗装仕上げとしています。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。