リビング: 井上久実設計室が手掛けた家です。, | homify
< >
リビング:  井上久実設計室が手掛けた家です。,
< >
リビング:  井上久実設計室が手掛けた家です。,
< >
リビング:  井上久実設計室が手掛けた家です。,
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK

兵庫県西脇市から車で1時間程北上した、山林の中にこの山荘はある。北西に標高1000mの千ヶ峰を見上げ、

小さな谷川が山から流れ、周囲を緑に囲まれた敷地である。施主は、周囲の自然に負けない建物であること、

千ヶ峰を望むことを要望された。

そこで、自然に溶け込む「静かな住まい」と自然の雄大さに向き合う「ダイナミックな住まい」の対極を表現

することが、この建築をより一層力強くすると考えた。

建物は、性格の異なる空間を3つのボリュームに分け、千ケ峰に大きく開いた片流れの大屋根で包んだ。山側の

アプローチを上がると、杉の縦ルーバーが外壁を覆い、周囲の樹々に溶け込んでいる。その先の茶室前の池は陽を

受けてキラキラと輝き、谷川のせせらぎが聞こえてくる。

外壁は杉型枠のコンクリートの土台の上に地元の焼き杉で覆われた黒いボリュームが千ヶ峰に向かってせり出し

ている。

内部は現地で伐採した桧の6寸の柱と地元の杉の厚板、地元杉原紙の和紙をふんだんに使う事で、内外ともに自然

素材の持つ力強さと静けさを強調した。

 3つのボリュームは、池の水の反射光を取り入れた茶室や水墨画の画室など趣味のスペース、囲炉裏をのある

パブリックスペース、プライベートスペースに分かれている。それぞれのボリュームは杉の登り梁の連続で繋がる。

 千ヶ峰に向けて開かれた大きな窓から、風に揺らぐ木々の静けさを目にするとき、「静けさと力強さ」がこの

建築を包んでいることを強く感じる。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。