ファサード の 松原建築計画 一級建築士事務所 / matsubara architect design office 北欧 木 木目調 | homify

角地の特性を生かした『閉じながらも開く』郊外型の平屋コートハウス

建物の高さ・重心を低く抑え、道路から建物を離し、基礎工事の残土を利用してなだらかな築山を設け、柔らかなバリアとしました。角に面する木製建具のコーナー窓が、程良い高さとなり、内と外をつなぐ役割をもっています。角地にはコンクリートのベンチを設けています。

色: 白色
素材: 木
クレジット: TAKAYUKI HORI
類似する写真
注釈