外観: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。
外観: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。
外観: 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Officeが手掛けた家です。

南側の道路に平行して細長い建物の中央から玄関ポーチが飛び出しています。その東側(写真手前側)がリビングなどの居住スペース、西側がガレージ、寝室になっています。外壁はガルバリウム鋼板の一文字葺、正面上部と屋根は立てハゼ葺でメンテナンスフリーの材料、人が建物に接することの多い玄関ポーチ廻りはジョリパット塗の左官壁と杉野地板で柔らかい感じをだしています。正面は緩勾配の屋根とし、南側に低い軒先ラインを強調。背面は垂木構造をあらわした勾配天井の居住空間となっています。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。