ダイニングの写真: 足利の家「素材と景色を楽しむ家」 | homify
こんにちは!
住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!
無料相談する

山から切り出して長い間、天然乾燥させた材木で建てた数寄屋風の和の住宅です。日本の伝統を受け継ぐ工法を取り入れ、大工が数か月かけて柱や梁材などを手で加工しました。木が持つ特徴を生かし、杉、桧、楓、松などの様々な木を、それぞれの空間に合わせた使い方をすることで経年変化による色合いや、木目の変化を楽しめるように計画されています。代々職人が受け継いだ寸法にアレンジを加え、工夫することで古びた印象にならないように造作材の寸法などを押さえています。健康のことも考え、自然素材にこだわったこの住まいは壁面は漆喰・天井や床材は自然乾燥させた丸太から挽いた無垢板です。敷地の周りには竹林や梅林が隣接し、遠くには山が見える地域。自然豊かな場所に相応しく、周りの風景にも馴染むように計画し、開口部からの眺めも重視しています。四季折々、気候や景色が変化する日本において、それぞれの景色を日常の生活の中で楽しめるような住まいになっています。

類似する写真
注釈