カタピラ/京都の変形狭小地に建つ住宅: 片岡英和建築研究室が手掛けた家です。 | homify
< >
カタピラ/京都の変形狭小地に建つ住宅: 片岡英和建築研究室が手掛けた家です。
< >
カタピラ/京都の変形狭小地に建つ住宅: 片岡英和建築研究室が手掛けた家です。
< >
カタピラ/京都の変形狭小地に建つ住宅: 片岡英和建築研究室が手掛けた家です。
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK

『3層分の空間ボリューム』

京都市内の商店街の傍らに家族4人のための住宅を設計した。

敷地形状は奥行き約12m、間口3.0m~5.0mの変形敷地に1F+2Fリビング&吹抜の3層分の空間ボリュームをもつスキップフロアの構成としている。

変形敷地により建物間口には限りがあり、縦方向への広がりをが快適性に繋がると考え、プラス、屋上テラスへの連続性が更なる広がりを演出している。

本プロジェクトは3層分のボリュームをもつ2階建て住宅の新たなる提案となっている。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。