『3層分の空間ボリューム』

京都市内の商店街の傍らに家族4人のための住宅を設計した。

敷地形状は奥行き約12m、間口3.0m~5.0mの変形敷地に1F+2Fリビング&吹抜の3層分の空間ボリュームをもつスキップフロアの構成としている。

変形敷地により建物間口には限りがあり、縦方向への広がりをが快適性に繋がると考え、プラス、屋上テラスへの連続性が更なる広がりを演出している。

本プロジェクトは3層分のボリュームをもつ2階建て住宅の新たなる提案となっている。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。