Heat Cool Tube: bandesignが手掛けた家です。
Heat Cool Tube: bandesignが手掛けた家です。
Heat Cool Tube: bandesignが手掛けた家です。
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK

この家の庭の下には塩ビ管が30m以上埋設されており、空気を通す。我々はこの管のことを“Heat Cool Tube”と呼んでいる。外部の土盛りを地熱利用する。

一般的に地面から5m下の気温15度で年中一定していると言われている。この土盛りは2.5m程度で年中一定とは言えないが、かなり安定した温度を得ることができる。 その土の中に30m超の塩ビ管を埋設して空気が通せるようにした。利用価値を高めるために地熱利用した空気を24時間換気で利用している。 実際、外気温度±10度前後の温度が計測されており、氷点下の雪の日には暖かく感じ、真夏の暑い日には涼しく感じるくらいの空気を得ることが出来た。リビングに開放された空気は、勾配天井に沿って上部へと向かい北側外壁窓で排気が出来るような重力換気が成立するような計画になっている。 土を盛ることは3D Groundの臨場感だけでなく、良好な室内環境の実現に対しても貢献している。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。