コンクリートの圧迫感を抑える控えめな外観 ミニマルな 家 の tndesign一級建築士事務所 ミニマル | homify

コンクリートの外壁というのは、それだけで存在感があり、そびえ立つような壁は圧迫感を与える。木造住宅が並ぶ周囲のスケールから逸脱しないような外壁にするためには高さを抑える必要があった。そのために天井高さを確保するために床レベルを地面より下げる必要があったので、スロープで導いている。玄関のパネルと庇はコルテン鋼を使用。

クレジット: PHOTO:YASUDA MAKOTO(Nacasa & Partners)
類似する写真
注釈