環状線の側道に位置した建築地で「開閉」のメリハリを付けたプランニング。

外部は、開口部をなくし壁量を増やすことで、幹線道路からの騒音を遮れるような

ファサードとしました。

反対に内部は、L型に全開口木製サッシを設けた中庭をご提案し、

外部からは想像できないほどの開放感と身近に感じられる自然を取り入れました。

またスキップフロアを採用することで、普段のご生活に

趣味スペースやサーフボードを飾れるアソビの空間を加え、

ご夫婦の大好きなカリフォルニアテイストで仕上げております。

「閉じる」ことでの利点と「開く」ことで得られる収穫の両方を取り入れた設計です。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。
私の見積もり依頼が専門家に転送されることになります。「リクエスト」をクリックすることで、利用規約を読んだことに同意します。