東大阪市の長田は、物作りの街で工場が立ち並ぶ。クライアントは、東大阪でメーカー業を営む創業家に生まれた。いずれは会社を継ぐことになるだろう。 そのような環境で、同じ街に住もうと決めたとき、計画の当初、新居を指して「働く覚悟」と言った。

 角地であり、場所柄配送のトラックなども多いため、北側の道路に対してこの住宅は完全に閉じている。1階がさらに少し下がっているのは、それらの音対策でもある。

 南側は1軒の住宅を挟んで高い社屋が建つ。2階は少しでも北に下がり、中庭に光をいれるプランを考えた。 2階には寝室をはじめ、各個室が中庭を囲むように並んでいる。

 寝室の前にあるバルコニーは非常に大きく、深い庇がかかっている。共働きの夫妻が、少々の雨なら洗濯物が干せるようにという要望からだ。

 道路側からの視線を気にせずともよいように、西側の壁は大きく立ち上げている。 1階も同様にコの字に中庭を囲むプランとなっているが、その1辺は和室となっている。将来的には、両親との同居も考えている。

 中庭とポーチはルーバーで覆われている。目線を遮り、通風、採光を確保するためだが、素材はアルミを選択した。真っ白でマッシブな建築に色は不要だと考えた。

 雑然とした街中に、白いダイヤモンドを浮かび上がらせてみたい。

 そして、それが「働く覚悟」と等価となれば、設計者としてこれほど嬉しいことはない。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。