東京都町田市の住宅が密集する地域に、住宅の基本性能の最適化・自然エネルギーの有効活用により、地球環境への負荷軽減を考慮したエネルギー自給型の住宅「オフグリッドハウス」を計画しました。まほろのオフグリッドハウスでは、電気と熱の両方をつくることのできるハイブリッド太陽光パネルを採用し、狭小地に対して有効に設備スペースを確保しつつ生活に必要な電力と、給湯を創出します。夏期は、太陽熱を利用した熱源利用空調機と敷地内に新設した井戸からの給水を使ったファンコイルユニットによる冷房システムを併用し、冬期は、間伐材から作られたペレットを燃料とするペレットストーブを1階の床下に送風し、高気密高断熱の建物に有効な蓄熱も考慮した暖房設備としています。地域やその敷地の持つ自然エネルギーを積極的に最大限活用し、消費エネルギーを最小限に抑えた住まい方について考えた住宅です。

意匠設計・監理:エイバンバ:番場俊宏設備設計:ZO設計室:布施安隆構造設計:ASD:田畠隆志、田畑孝幸施工:栄港建設:宮本宣仁、山田隆憲用途:一戸建ての住宅構造:鉄筋コンクリート構造規模:地上2階建て敷地面積:70.29㎡延床面積:55.45㎡

色: 木目調
類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。