立体的につながる京町家: 株式会社fit建築設計事務所が手掛けた家です。 | homify
<
立体的につながる京町家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた家です。
<
立体的につながる京町家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた家です。
<
立体的につながる京町家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた家です。
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK

京都市内における、住宅の計画である。

本計画敷地は、京都においてよく見られる、間口2間(3.6m)の鰻の寝床状敷地で、両隣には建物が間近に隣接する。 間口が狭いため、通常の在来木造工法ではプランの制約が大きすぎると判断し、重量木骨造(SE構法)を採用した。 これは、木材と木材を金物で剛接合することによって、必要な耐力を得られるという特殊な工法である。

ところで、この計画では、間口3.6mという細長い空間をなるべく広く、そしてゆったりと見せることが、最大のテーマであった。 プランニングに関しては、1階にダイニングと、2階にリビングを上下に積んでレイアウトしているが、それらが「一つの大きなLDK空間」として一体感を感じられるように設計を進めた。 それらが一体的に利用されることを目指して、ダイニングとリビングの間に中2階を設け、畳コーナーとした。 また、1階~2階が一体の空間であることを、視覚的に強調するために、室内の壁の1面を、カバ桜の無垢材によって仕上げることとした。

ちなみに、3階には個室がレイアウトされているが、法令上許容される容積を最大限活用するために、3階にはロフトを設けたほか、屋上には花壇付のルーフテラスを設けた。 そのルーフテラスからは、遠くに五山の送り火を望める。

・敷地: 京都府京都市

・竣工: 2012年6月

・敷地面積:46.19㎡

・建築面積:32.27㎡

・延床面積:99.46㎡

・写真: 内城祐樹

色: 黒色
素材: 金属
クレジット: 内城祐樹
類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。