敷地は仙台市の中心市街地にあり、計画にあたってはプライバシーの確保と開放感の両立を求められました。そこで、建物の配置を工夫することで敷地の随所にコートヤードを生み出し、各居室や浴室、物干し部屋などをそれらに面する構成としました。特に、家の中心であるLDKは南北にある2つのコートヤードに連続しており、大きな開口で内外の境界を曖昧にすることで、採光や通風はもちろんの事、市街地でありながら緑あふれる豊かな空間とすることができました。抽象的でシンプルな外観とのギャップも、見る者に新鮮な驚きと感動を与えるよう企図しています。

この家には「暮らす」だけではなく、「遊ぶ」ためのプレイルームがあります。そこでは趣味に没頭したり友人を招くなど自由な使い方ができるように、日常生活動線とは切り離して計画しました。無垢の木や石という素材感のある仕上げと間接照明により、クラフト感のある空間となっています。

クレジット: 株式会社ブレッツァ・アーキテクツ
類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。