スキーを通して付き合いのあったクライアントから、長野県白馬乗鞍にあるセカンドハウスを新築、もしくは 改修したいという相談があった。

 既存の山小屋は少々古びていたが、構造体の状態は非常に良く、コスト面も考え、改修を選択した。 この仕事によって、雪国の木造建築から多く学び、かつ改修の面白さを知ることになった。

 全てを制御でき ないことは、豊かなことだと感じたのだ。 内部は、2間(3.64m)四方の吹抜けを中心としたシンプルな構成で、大きな居間は非常に気持ちが良い。

 建物の南側に1間分増築し、その部分に新たな水廻りを配置している。吹抜に面してある三角窓は、雪が 屋根にとどまらないよう考えたものである。 何よりうれしいのは、クライアント家族がこの山小屋を愛していることに尽きる。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。