犬山城へと続く本町通りから少し外れた土地に建てられたこの住宅は、どことなく城下町にある「蔵」の雰囲気を感じさせる。四角い箱から三角状に切り落とした部分を玄関ポーチと兼ねることでシンプルで印象的な外観とした。内部は1Fを共用スペース、2Fをプライベートスペースとしている。西側以外は高台の建物に囲まれている為、内部に自然光を取り込みにくい土地ではあるが、中庭(光庭)を配置することで、そこから入る自然光と壁からの反射光により、外観とは対照的な明るく解放感のある室内空間になっている。玄関から各スペースを階段で徐々に上がっていく「登り窯」のような空間構成とし、横に伸びる空間(LDK)と縦に伸びる空間(吹抜け・テラス・中庭)を繋ぎ合わせることで空間に広がりを持たせ、段差によって変化する天井高が空間全体にメリハリを付けている。

類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

無効 Eメール
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。