西側外観 モダンな商業空間 の 古津真一 翔設計工房一級建築士事務所 モダン タイル | homify

敷地は京都市街の中央を南北に走る烏丸通のほぼ北端に接し、その碁盤の目の街路と、すぐそばを流れる加茂川に 沿った北北西から南南東への街路が交差する所にあり、廻りの建物はそのどちらに沿うべきか迷っているように 居心地悪そうに建っている。

 そこで本建物は建物の主軸、とりわけ2階住居部は加茂川の流れにそった方向に合わせて設計し南南東からの光と風を取り入れるようにした。1階事務所はガラスとコンクリート壁で烏丸通りの街路に沿った軸線で斜めに切り抜いて建物の間口を広く 見えるようにした。屋根はそれぞれの部屋により異なる4種類の形状を採用しどちらの街路に沿っているかをわざと 曖昧に見えるようにした。

 中庭は2階も使えるようにグレーチングの床を設けその方向により1,2階の視線を遮断しプライバシーを確保した。

色: ブラウン
素材: タイル
類似する写真
注釈