宮城のガレージハウス: 有限会社Kaデザインが手掛けた家です。
宮城のガレージハウス: 有限会社Kaデザインが手掛けた家です。
宮城のガレージハウス: 有限会社Kaデザインが手掛けた家です。
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK
この写真に興味がありますか?
専門家に連絡をして、詳細を確認する。
OK

東日本大震災3.11を生き抜いた男性の、一切の妥協を許さなかった家。高台の造成地をくり抜きガレージを配したこの家は、冬の寒さが厳しい計画地でコンクリート打ち放しの家に住みたいという要望をかなえるために外断熱工法とし、モルタルの床にも温水式床暖房を備えている。限られた予算の中、諸条件を整理してプランニングされたその姿は、奇しくも「浮きあがった」建築となった。

色: 灰色
素材: 石
面積: 110 m²
類似する写真
注釈

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。