住まいの記事一覧

リノベーションで鉄骨倉庫が大変身!お洒落な洋菓子店&レストラン

今回ご紹介するのは、もともと倉庫として利用されていた建物がリノベーションによってお洒落な洋菓子店&レストランに生まれ変わったプロジェクトです。丈夫な鉄骨の構造体を生かしつつ、こだわりのインテリアや便利な機能をプラスして、居心地がよく雰囲気のいいショップ&レストランスペースが見事に実現しています。このリノベーションプロジェクトを手掛けたのは、株式会社 ハウジングアーキテクト建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

11 10月, 2018

引き戸の機能と魅力が良くわかる住宅事例五軒!

引き戸(スライドドア)には様々な種類があり、それぞれに機能と魅力があります。引き戸の最も基本的な機能はもちろんスペースを区切り、出入口となることですが、この他にもまだまだある引き戸の実用性やインテリアとしての魅力を知りたい方は、ぜひ今回の特集をチェックしてください!

11 10月, 2018

大阪で多くの建物を手がけた建築家が建てる素材+αの家

日常で頻繁に触れる物や長く過ごす場所は使いやすく心地のいいものが理想的ですよね。素敵な住まいは、外観やインテリアからだけでなく、身近で使い心地のいいものや空間によって生み出されるかもしれません。ご紹介するのは大阪を拠点に設計活動を行っているMIMASISDESIGNの手がけた住宅です。本住宅には素材の柔らかな質感や温かみだけでなく、住まう人の使い心地さや落ち着ける空間を十二分に考えられた住空間が広がっています。

10 10月, 2018

廊下のない間取りで押さえておきたいポイント

廊下のない間取りで住まいをプランニングしていく方が近年増えているようです。その一番の魅力は、リビングやダイニングといった住空間をより広々とした開放的な部屋にしていくことができる点でしょう。しかし、単純に廊下をなくしてしまうと、実際に住んでみると不都合に感じることも出てくるでしょう。そこで今回は、そうした間取りを取り入れる上で押さえておきたいポイントについて見ていきたいと思います。

10 10月, 2018

自転車の置き場、どう作る?

自転車は、お住まいの地域によっては大切な足。車に次いで利用することの多い乗り物といえるのではないでしょうか。趣味で何台も持っていらっしゃる方もあるかもしれませんし、家族の人数分だけ自転車がある、というお宅も珍しくないでしょう。数が多いだけ困るのが置き場。今回は、そんな置き場所について考えていきます。邪魔にならず、安全で取り出しやすい保管場所ってどんなところなのでしょうか?

10 10月, 2018

置型バスタブで作る魅力的な浴室スタイル五選!

置型バスタブは海外の住宅特有のもの… 日本の住宅には無理… 。こんなふうに諦めている方はいませんか?昨今は日本のメーカーも多くの置型バスタブを販売していますし、輸入製品も手の届く値段になっています。新築や浴室リノベーションを検討している方は、あこがれの置型バスタブを導入するチャンスかもしれません!置型バスタブで作る魅力的な浴室スタイル五選、ぜひ参考にしてみてください!

10 10月, 2018

窓の開き方として必ず押さえておきたい6つの種類

窓の配置や大きさは、室内の明るさや眺望などに分かりやすく直結することから、家づくりの中でも非常にこだわる方も多いと思います。しかし、それに加えて開口部の開け方がどのようなものであるかも住まいの機能性はもちろん、住み心地やその使いやすさにも影響する大切な部分です。そこで今回は、窓の開き方として押さえておきたい種類を大きく6つに分けて紹介していきたいと思います。

09 10月, 2018

キッチンの照明はどう選ぼう?

キッチンは食べ物を扱う場所。調理中に充分な明かりがなければ作業がしづらいですよね。また、最近ではLDK空間をひとつにしたお宅が増えており、隣接するダイニングスペースの照明と兼ね備えることも。食べ物がおいしく見えるような照明を設置することも求められてきます。キッチンのライティングってどんなものがよいのでしょうか?今回はいろいろなお宅のライティング事情を探ってみましょう。

09 10月, 2018

モノトーンが作る印象的な住まい五選

白と黒、これは最もシンプルでベーシックな組み合わせと言えるかもしれません。しかし究極のコントラストを作る組み合わせでもあり、はっと心に残るインテリアを作ることも可能です。今回紹介するのはどれもモノトーンを基調にしながら、それぞれ個性とスタイルを持った印象的な住まいの数々です。

09 10月, 2018

東京で活躍する建築家がデザインするモダン高級住宅

都内でも自然を感じられるロケーションに計画されたモダンな邸宅。東京を拠点に住宅設計を手掛けるJWA,JUN WATANABE & ASSOCIATESによって建てられた「HIROO FLAT 裏手の広大な森を借景とした住まい」は、北側に広がる鬱蒼とした緑ある風景を住空間に取り込んだちょっぴり非日常を感じられる住まいです。建物は下部が外国人用賃貸として、上部を本宅として住まうスタイリッシュなデザインとなっており、2011年グッドデザイン賞を受賞しています。

08 10月, 2018