住まいの記事一覧

キッチンタイルを台所に!

キッチンタイルは、メンテナンスがし易くコンロや水回りにピッタリな素材です。水や油はねに強く、掃除がらくらく!また、色やサイズ、形、目地の色味など、細かい部分で印象が変わるのでインテリアを楽しみたい人には最適なアイテムです。今回は、そんな便利なキッチンタイルでつくる台所を紹介していきます。

10 6月, 2018

静かな庭を望むゆったりリビングの家

「寛げるリビング」とはどんなリビングでしょう。お洒落でモダンな家具のある空間、広くてシンプルな空間、光や風の抜ける心地のいい空間など様々な空間を思い描きますよね。もっとも欠かせないものはなんでしょう。ご紹介するのはそんな「寛げるリビング」にふさわしいリビングのあるモダンな住まい。U建築設計室が手掛けたこちらの「三鷹の家」は、フロアレベルの違いによって生まれた様々な視点によって過ごす場所にあった心地のいい視点でそれぞれの時間を過ごすことが出来ます。

10 6月, 2018

タイル×キッチンのコーディネートbest5 - インテリア性を演出するキッチン!

最近の新築住宅やマンションでは、キッチン周りはひと昔前に見られた100角のタイルではなく、掃除や手入れのしやすさを一番においた目地のないキッチンパネルなどが使われる傾向が増えました。シンプルで施工性も良い反面、拭きあとが目立ったり、演出性に欠けるという面もあります。一方、現代では多様な色や形のタイルの取り扱いも増え、インテリアを演出する素材として人気が高まっています。目地の品質や素材感、機能性はキッチンや水回りとの相性が抜群。

09 6月, 2018

綺麗に見えるインテリアのテクニックとは?

綺麗に片づけていてもなんだかきちんと部屋が見えないことはありませんか?それは、インテリアを魅せるテクニックが欠けているせいかもしれません。アイキャッチや色の統一など、小さなポイントを加えるだけで空間は見違えます。今回は、綺麗に見えるインテリアのテクニックを紹介します。

09 6月, 2018

那須での穏やかな時間と環境を満喫できる終の棲家

今回ご紹介するのは、日本有数の別荘地である那須に建つ平屋の別荘です。終の棲家としても住まえるように考えられて計画されたこの家は、家族や親せきみんなで集うことが出来る5mもの長さのあるダイニングテーブルや、露天風呂のような開放的なバスルームなど、豊かな環境の中で自由に楽しく暮らせる工夫がたくさん詰まっているのが魅力となっています。このプロジェクトは群馬県を拠点に活動しているATELIER Nによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

09 6月, 2018

緑を感じる大らかな都市型住宅

都市部に家を計画すると、隣地との距離間や自然のある風景など、周囲の環境に満足できないこともあるかもしれません。例えば、都市にありながらまるでペンションの様な非日常を感じられる住まいは叶えられるのでしょうか。今回ご紹介するのは、シンプルな間取りと周囲の貴重な緑を活用した自然を感じられる大らかな都市型住宅です。藤吉建築設計事務所が手掛けたこちらの「1LDKの家」は、一見シンプルすぎる間取りに戸惑うかもしれませんが、スキップフロアも取り入れた緩やかな繋がりと空間の広がりを叶える豊かな住空間が広がってい…

09 6月, 2018

風が抜ける心地良い住まい(沖縄特集)

家の中はいつも綺麗な空気で心地良い空間にしていたいものです。大きな開口や家の造りで風が抜けるよう工夫されている家は清々しい気持ちで毎日を過ごすことができそうです。また、風水的にも運気が上がるような気がしますね。今回は沖縄の住まいにフィーチャーして風通しが良く魅力的な家を五軒ご紹介いたします。

08 6月, 2018

ダイニングセットの選び方でインテリアが生まれ変わる!

ダイニングセットは、空間の印象を左右する大きな家具の一つです。最近では、リビング・ダイニングが一体になった大きな空間が住まいの中心に配置される間取りも増えました。その存在感はとても大きく、置く場所や選ぶデザインによって雰囲気を決定的にする影響力をもっています。今回は、インテリアが素敵に変わるダイニングセットの選び方をご紹介します。

08 6月, 2018

中庭を中心に家族や猫が集まるモダンな2世帯住宅

今回ご紹介するのは、囲まれた中庭があり、2世帯の家族と猫が仲良く暮らしている住まいです。カフェの様にくつろげる雰囲気の中庭に加えて、コの字型のレイアウトによって家族がお互いの気配やつながりを感じながら、のんびりと過ごせる居心地のいい室内空間もこの住まいの大きな魅力となっています。快適な2世帯住宅のインスピレーションが欲しい方や、中庭のある家に憧れている方は、住まい作りの際の何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。

08 6月, 2018

約30畳の広いウッドテラスのあるナチュラルハウス

敷地にゆとりがあれば、広いお庭もいいですが、室内リビングから気軽に出入りのできるアウトリビングの様なスペースも魅力的ですよね。プライベートなゆったりと広い屋外スペースがあったらどんな風に過ごしたいですか。ご紹介するのはまさに、リビングはもちろん、二階のテラスからもアプローチすることのできる広いウッドテラスのある住まいです。STAD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)の手掛けたこちらの「繋の家」は、約30畳はあるという南側に面したウッドテラス中庭スペースを囲う、明るく心地のいい住空間が特徴的です。

08 6月, 2018