homify 360°の特集記事・まとめ

好きなことを思い切り楽しめる!土間リビングのある住まい

今回ご紹介するのは、お洒落な土間リビングのある住宅です。リビングとつながる広い土間空間では、趣味を楽しんだり犬と戯れたり、または椅子を置いて中庭のようにくつろいだりと様々な過ごし方が可能となっています。さらに多目的に使えるロフトスペースや、広いオーダーメードのキッチンがあるLDKなど、土間以外にも暮らしが楽しめるアイデアがたくさんあることもこの住まいの大きな特徴となっています。自由な雰囲気の家作りを目指している方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。

23 9月, 2017

地産地消の木で建てた地域と繋がる家

家を建てる時、周辺環境との関係性や文脈についても考慮したいものです。特殊な立地条件と法規などをポジティブに解釈し、 地生地産の木材をふんだんに使ったのびのびと暮らせる住まいを手がけたのは佐藤重徳建築設計事務所。シンプルな形態とゆったりとした庭が印象的です。

23 9月, 2017

個性を尊重するシェアハウスのような住まい

家族一人一人の個性が尊重されるユニークな住宅を紹介します。それぞれの趣味の部屋が共有スペースと繋がり、一緒に暮らしながらも個々の空間を大切にしたシェアハウスのような住まい。手がけたのは群馬県に拠点を置く*S T U D I O L O O Pです。

22 9月, 2017

3種の素材を用いた印象的なファサードの家

ご紹介する住まいは、北海道札幌市内の人気エリアをロケーションとした狭小地に建つ住宅。三方向を建物に囲われた敷地で建てられた本住宅は組み込みのカーポートや外物置を設置するなど、機能面でも充実させたこだわりの建物です。もちろん機能だけに限らず、外観にはそのこだわりを感じられる個性的なファサードが印象的です。一級建築士事務所ATELIER CASAが手がけるこちらの「風みちの家」は狭小地ならではのネガティブなポイントを解消しながらシンプルで開放感ある住空間が広がります。

22 9月, 2017

狭小地に建つ上質な終の棲家

子育てが終った夫婦が迎えた第二の人生。そんな二人に必要なのは大きな家ではありません。小さくても上質で温かみがあり丁寧に暮していくための住まい。ご紹介するのはスタジオ・スペース・クラフトが手がけた狭小地に建て替えられた都市型住宅で、コンパクトながらほっこりするような雰囲気が魅力的です。

22 9月, 2017

風景を楽しむ大らかな家

密集した住宅地では周辺環境に様々な制限があるので敷地に対する建物の配置って自ずと決まってくるのですが、ゆったりとした敷地だったり周囲が建て込んでいない場合、何か手がかりになるものが欲しいですよね。ご紹介する住宅は土手が広がる南西の眺望を生かすようにゾーニングを決定しています。さらに内部では空間どうしの関係性を考慮しながら各スペースを配置。設計を担当したのは*S T U D I O L O O Pです。

21 9月, 2017

敷地の特徴を上手に生かしたシンプルでモダンな住まい

今回ご紹介するのは、高低差のある敷地の形状をポジティブに生かして建てられたシンプルでモダンな住まいです。打ち放しのコンクリートと木の素材感のコントラストがお洒落な室内インテリアも素敵で、リラックスできる居心地のいい住空間が見事に実現しています。シンプルでリラックスできる住まい作りを目指している方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、千葉県を拠点に活動している神成建築計画事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。

21 9月, 2017

お洒落なガラス使いのアイデア15選

窓やドアなどに多く使われるガラス素材。そのガラスにちょっとした工夫をプラスして、印象的な住空間を作ってみませんか?今回はそのヒントになるような、ガラス使いの色々なアイデアを紹介します。ステンドグラスやガラスブロックをインテリアのワンポイントとして取り入れたり、玄関や階段、開口部、または建物に大胆に使ったりと方法は様々。あなたの住まいを今よりグッとお洒落にしてくれるガラス使いのアイデアをぜひ見つけてください!

21 9月, 2017

プライバシーを守りながら悠々と暮らせる家

家を建てるために選んだ絶好のロケーションや、お気に入りの環境を選んで土地を購入しても周辺に外部の視線をカットするようなものが無ければ、どんな風に家のプランを考えたらいいのでしょう。今回ご紹介するのは周囲を田畑に囲まれた角地に建つ住まいです。*S T U D I O L O O Pが手がけるこちらの「life」は、敷地の周辺四方には遮るものがなく、風通しや日差しは良好ながらもプライバシーを確保できるようなものがありません。

20 9月, 2017

愛着のわくヴィンテージスタイルの家

住み手の熱い想いがこもったお洒落な住宅を紹介します。手がけたのは*S T U D I O L O O Pで、質感のこだわりや予算から大きな住宅を建てることは難しいと想定した結果、様々な工事を施主自らが行なった28坪ほどの住まいが生まれました。自分たちで手を加えることでより一層愛着がわく最高に居心地の良い家になりました。

20 9月, 2017