homify 360°のデザイン・実例画像

特集記事

デッキテラスのある中庭でゆったり過ごせる!上品な雰囲気のシンプルな住まい

今回ご紹介するのは、隣に住宅が迫って建てられているにもかかわらずきちんと中庭のスペースを確保することで、豊かな暮らしが楽しめるようになった住まいです。中庭には広いデッキテラスや家族の心を癒してくれるシンボルツリーもあり、屋外空間で気持ちのいい光と風を感じながらゆったりとくつろげるのが特徴です。このプロジェクトを手掛けたのは、京都を拠点に活動するATS造家設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

21 2月, 2017

美術館のような外観を持ったエレガントなモダン住宅

世界各地にある現代美術館の外観というと、モダンで一風変わったフォルムが特徴的ですよね。装飾を抑えたシンプルさを基調に、どこか日常からかけ離れた空間に迷い込んだような感覚を味わうことができませんか?ご紹介するのは、見た目には一般的な住宅とは想像しがたいミニマルデザインが特徴的な住まいです。ARCHITET6建築事務所が手掛けたこちらの「神沢の家」は、お施主さんからの要望であった「美術館のような住宅」をもとに、「一般的な住宅」の枠を抜け、装飾を抑えたモダンでシンプルな空間が広がります。

20 2月, 2017

広いテラスと庭でのんびりできる!猫と一緒に楽しく住まえる家

今回ご紹介するのは、田園風景が広がるのどかな敷地にあり、猫と一緒に楽しく暮らせる住まいです。猫専用の仕掛けが住まいに設置されている他、広々としたテラスと庭があることでご家族も猫たちも一緒になって毎日のんびりとくつろいで過ごすことが出来るのが特徴です。このプロジェクトを手掛けたのは、高知県を拠点に活動する有限会社 橋本設計室です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

20 2月, 2017

美しい田園風景を取り込んだリラックスできる優しい住まい

今回ご紹介するのは、のどかな田園風景が毎日楽しめ、心も体もリラックスできる住まいです。開放感あふれるリビングでは、十分な自然光と心地よい風が感じられ快適な時間を過ごせるようになっています。このプロジェクトを手掛けたのは、千葉県を拠点に活動する環境創作室杉。自然や環境に配慮した、人にも地球にも優しい家作りを得意としています。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

20 2月, 2017

プライベートな中庭空間を中心に生まれた落ち着きのある住まい

商業地域と住宅街が混在する敷地に計画された住宅を紹介します。こういった場所だと交通量も人通りも多く騒音やプライバシーで頭を悩ませまがちですが、建築計画によって視線や騒音を遮り、プライベート性を重視した住まいを実現できるのです。そんな例としてご紹介するのは建築事務所・STadが手がけた 明るくのびのびとした住宅です。

19 2月, 2017

中庭を囲む大らかな家

密集した都市部の住宅地、ビルや集合住宅で囲まれた地域における住宅計画で最近多く見られるのが、中庭を取り入れたプラン。プライバシーや騒音などの理由から建物の外皮を閉じたデザインでも中庭があれば採光も換気も確保できる上、家族が楽しめる屋外空間にもなります。ご紹介するのは宇都宮に拠点を置く建築事務所・STaDが手がけた都市型住宅で、中庭を中心に明るいな住空間が広がる住まいです。

19 2月, 2017

高台から太平洋を望むシンプルモダンハウス

ご紹介する住宅は沖縄県にある太平洋を望む高台にある家です。テレビやネットで挙げられる「住みたい都道府県ランキング」でほぼ上位をキープする沖縄県。綺麗な海と青い空、温厚な地域の人に囲われた環境に多くの人が魅力を感じているのかもしれませんね。そんな沖縄で住まうには最高のロケーションとシンプルなデザインの住宅です。門一級建築士事務所が手掛けたこちらの「SKM03-HOUSE」は、高台から望む太平洋の風景を身近に感じられる住まいづくりを叶えたシンプルでモダンな住空間が広がります。

19 2月, 2017

ファサードに隠された楽園!

今回紹介するのはスイス・チューリッヒの建築家MEIER ARCHITEKTENによる住宅 ”Objekt336” です。閉じられた真っ黒なファサードは中を伺うことができず、どこか秘密めいた雰囲気… 。しかし一歩中に入ればそこは楽園だった?!ぜひあなたの目で確かめてみて下さい!

19 2月, 2017

旗竿地に生まれた光と緑に満ちあふれる家

一筋縄ではいかない敷地条件って結構ありますよね。例えば旗竿地。道路に接する部分が細く狭く一定の床面積を確保できなかったり工事が難しかったり...。そんな制約が色々とある敷地に巧みなアイデア、発想の転換などで驚くほど心地良い住まいを設計したのはFIT建築設計事務所。太陽の光がサンサンと降り注ぐ室内、窓越しに見える隣地の自然などが豊かな住空間を演出してくれる旗竿地に建つ住宅を紹介したいと思います。

18 2月, 2017

太陽の光がたっぷり差す心地のいい住まい

住宅を造るのにも様々な素材が使われますが、内装に使われる素材には、「やっぱり木素材が一番!」と感じることはありませんか?もちろん好みによるものですが、香りや質感、雰囲気や柔らかな色味など木の持つ魅力は数えきれないのではないでしょうか。ご紹介するのは、太陽の陽ざしがたっぷり差し込む木造住宅です。竹内建築設計事務所が手掛けるこちらの「加須山の家」は、南庭のある太陽がたっぷり降り注ぐ気持ちのいい住空間が広がります。室内インテリアには木素材の味わいを感じられるナチュラルな空間に。

18 2月, 2017