子供部屋のインテリアデザイン特集記事・まとめ | homify 子供部屋のインテリアデザイン特集記事・まとめ

子供部屋のインテリアデザイン特集記事・まとめ

6畳間の寝室。ベッドのレイアウトはどうしよう?

6 畳の寝室レイアウトにベッドを配置する際、いろいろと頭を悩ませるのでは?6畳にダブルベッドを配置する時など、家具のサイズや数によっても6畳寝室のレイアウト法は異なってきます。今回は、6畳寝室のレイアウトについて気を付けたいポイントや取り入れたいアイデアなどをご紹介します。参考にしてみてくださいね!

20 11月, 2020

風水的に気を付けたい!寝室の作り方

 風水でのベッドの位置を考えたことはありますか?風水を利用した家づくりは、建築家でも取り入れる方がいます。風水で大切な場所は、玄関、キッチンそして寝室とされていますが、就寝中は体が無防備な状態になり、潜在意識に影響を受けやすくなるということで、 風水でのベッドの位置を整えることも大切になってくるのだとか。今回は、風水的に気を付けたいことを中心にご紹介します。自宅の寝室と見比べてみてくださいね。

02 11月, 2020

子供部屋の作り方-中学生に進級したら?

子供部屋は成長に合わせたレイアウトになることを重要視したい場所です。特に思春期に入る中学生頃には、勉強や部活動など、これまでと大きく生活スタイルも変わります。今回は、そんな中学生からの子供部屋のポイントをご紹介していきます。

07 2月, 2020

素敵な階段のあるアーティスティックな家best5

家の造りによりますが、多くの物件において階段の全くないということは、あまりないのではないでしょうか。最近では建築資材の変化により、驚くほど繊細で素敵な階段を目にする機会も増えてきています。今回は素敵な階段のあるアーティスティックな家と題し、いろんなお宅をご紹介します。機能性だけでなく、デザイン性にも注目して屋内をアーティスティックで視覚的にも楽しめる家づくりをしてみませんか?  

04 10月, 2019

機能性が充実したスキップフロアの家best5

スキップフロアは、狭小地などの限られたスペースを最大限に活用するためによく使われる手法。空間を立体的に配置することによって、高い機能性も実現可能となるため、特に若い世代に注目されています。今回は機能性が充実したスキップフロアの家best5と題して、住空間のさらなる可能性についてご紹介していきます。階段と住空間の組み合わせによって作られる家の、驚くほど豊かなヴァリエーション、実感してみてください。  

10 9月, 2019

スキップフロアという選択。どうデザインする?

スキップフロアは、狭小住宅や省スペースを目指す家や個性的、開放的な空間づくりを考えている方に多く取り入れられている建築デザイン。半層ずつ、または数段程度の段差を付けて住空間をアレンジするため、壁を極力排除して広々とした空間づくりが可能になります。メリット、デメリットはありますが、さまざまな工夫をすることによって心地よくおしゃれな家となるスキップフロアという選択、取り入れてみませんか?

04 1月, 2019

いつも家族と一緒に。オープンな子供室5選!

今回紹介するのは壁で他の空間と隔てられていないオープンな子供室です。リビングやキッチンの延長として存在する子供室は自然と家族の目と気配が届くスペースとなり、コミュニケーションや教育、安全性、間取りの面などで利点が多く得られます。個室を必要とする思春期に入るまでは、オープンな子供室で家族との親密な時間を過ごしてもらうのも悪くないはずです。

05 12月, 2018

子ども部屋の計画に欠かせない基礎知識

子ども部屋をどのように計画するかで悩んでいる方も多いと思います。というのも、子どもは成長するに従って、精神的にも肉体的にも大きく変化し、部屋に求められることも変わってくるからです。また、子どもが増えれば、部屋あるいは家の間取りを大きく変える必要も出てくることもあります。では、どのようなことに気を付けて計画していけばいいのでしょうか。今回は、その子ども部屋の計画に欠かせない基礎知識を紹介していきたいと思います。

19 11月, 2018

スキップフロアでおしゃれに暮らそう

スキップフロアは、開放的で省スペースを考慮した構造であるため、一般的な二階建てとは異なるニュアンスのあるおしゃれな空間づくりが可能になります。狭小住宅や高低差のある土地での解決策としてだけではなく、おしゃれなライフスタイルを演出する方法としてもスキップフロアを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。今回は、いくつかの実例をご紹介しながら個性的な住まいづくりについて考えていきます。

29 10月, 2018

子育てしやすい部屋づくり

子育てをするための空間は、一人暮らしやご夫婦だけで暮らすのとはインテリアづくりにおいても異なるもの。特に子供が小さいときには、部屋のあちこちに潜む危険を避けるような工夫、大人の目が届くような工夫が必要になってきます。また、安全に遊ぶ仕組みも必要に。子育て時期ならではの部屋づくりについて考えてみませんか?振り返ると本当に短い時間だとは思いますが、家族みんなが元気で幸せに暮らせる空間づくりをしましょう。

06 8月, 2018