リノベーションのデザイン・実例画像

特集記事

築30年の戸建住宅がナチュラルモダンにリノベーション!

新築住宅の建物の価値は、一般的に約20年と言われています。まだまだ住める状態であっても、次々と住宅の基準や建築基準法の改正がある現在では建築的価値を保つことは難しく、判定を新しい基準に合わせた建物に合わせざるを得ません。しかし保存状態や場所、躯体はまだまだ生かすことができ、さらに価値を高めることができるのはリノベーションの魅力です。今回ご紹介するのは、FURUKAWA DESIGN OFFICEが手がけた築30年以上の戸建て住宅を全面リフォームしたプロジェクト。

26 2月, 2017

余白空間が彩る幻想的なリノベーション!

元の建物を生かしながら価値を高められるリノベーションは、近年より一般的に普及してきてから表現力がより豊かになってきました。「傷んでいる部分を補修、修復し機能性を高める」という視点に加え、「好きな暮らし、心地良いライフスタイルや個性を叶える」というポイントも年々尊重されるようになり、自由度がより高いプロジェクトが増えてきています。今回ご紹介するのは、JUN MURATA | JAMによる築38年の木造住宅をリノベーションしたプロジェクト。

21 2月, 2017

大正時代から残る長屋が店舗用の空間へと大変身!

現在も全国各地に残る長屋。現代の建物にはない、日本らしさが残る風情のある佇まいはなんとも言えない味わいがあります。しかし日本では耐震性や居住性の質を高めるためにたびたび建築基準法が改正され、建物を継承していくためには高いハードルがあることも事実です。保存を諦められた物件も多々ある中、昔から残る長屋は貴重な存在として受け継がれています。今回ご紹介するのは、藤本高志建築設計事務所が手がけた、大阪市の路地奥に残る長屋のリノベーションプロジェクトです。

14 2月, 2017

言葉にできない変身を遂げたアパート!

本日紹介するのはイタリアのホームステージ専門家によるプロジェクトです。壁の撤去や間取りの変更などを含む大規模なリノベーションを行っていないにも関わらず、住居は見違えるような変貌を遂げました。家具のレイアウトや色の使い方がいかに大切か実感できるプロジェクトです。既存の家具を捨てずに生かしているところも好感度高め。さっそく見ていきましょう!

13 2月, 2017

Before & After: ひどい状態のフロアをきれいに!

立地や大きさなどが好条件の物件と出会うことはあっても、長年使われていないととても住める状態の家ではないこともあるかもしれません。汚さや暗さ、思わず躊躇してしまう環境でも、建築家と協力しながらリノベーションによって価値を再び高め、快適な暮らしへと導くことが可能です。今回ご紹介するのは、あまりにひどい状態だった物件がスペインの建築家によってリノベーションされ、生まれ変わるまでのプロジェクトです。

11 2月, 2017

築30年のマンションもリノベーションで上品なクラシカル空間に大変身!

鉄骨や鉄筋コンクリートのマンションの良いところは、木造よりも長持ちがしやすく躯体の寿命が長いところにあります。それでも内装や設備は時代とともに寿命を迎え、同時に質を保っていくのが困難な部分でもあります。物件を選ぶ際には、築年数やその時の状態を見ながら新しい物件が選ばれがちになりますが、躯体はそのままに内装が丸ごとリノベーションできるのがマンションの醍醐味でもあります。今回ご紹介するのはマルモコハウスが手がけた、昭和58年に建築された築年数30年のマンションのリノベーションです。

10 2月, 2017

都内のマンションが和モダンが香るシェアハウスに大変身!

空き家や新しい住まいのあり方の中に、シェアハウスという分野が確立されてきてました。物件を効率良く有効利用ができ、人のつながりや家賃を押さえながら住まう形は、家不足や家賃の高い国外の都市でも一般的に普及しているスタイルです。個の確立が進みながらも、人の温かさやつながりが生まれるシェアハウスは新たな住まい方として今後選択肢のひとつとなるでしょう。今回ご紹介するのは、灯和屋(株式会社シェアスタイル)が手がけた、東京都渋谷区のマンションを利用したシェアハウスのリノベーションです。

05 2月, 2017

1930年代の古い住宅のリノベーション

本日紹介するのは1930年代に建てられた住宅のリノベーションプロジェクトです。担当したのはスイスの建築家Beat Nievergelt。住宅はいかにも年代を感じる前時代的な構造とインテリアでしたが、リノベーションを経て明るくモダンに、機能的に生まれ変わりました。詳しく見ていきましょう!

31 1月, 2017

典型的な70年代のバスルームがモダンに美しく!

どんなに古く問題のある建物でも、建築家の手にかかればモダンに美しく甦らせることができます。スケルトンから造り直すのか、または構造の一部のみ、それとも機能のみリノベーションするかは状態と目的次第です。今回紹介するのは築40年を超えたバスルームのリノベーションです。どんな結果となったのでしょうか、さっそく見ていきましょう!

30 1月, 2017

薄紫色が優しく映える北欧モダンなリノベーション

賃貸住宅に住んでいると、家に合わせた暮らしに不自由を感じることもあるかもしれません。「自分らしく暮らしたい」という願いは誰でも持つ思いではないでしょうか。今回ご紹介するのは、株式会社しあわせな家が手がけた中古マンションのリノベーションプロジェクトです。中古住宅は古くて制限があると思われがちかもしれません。住まい手の好みやライフスタイルを取り入れ、リノベーションならではの自分好みにできるワクワク感があります。憧れだったポイントを取り入れて完成した仕上がりはオリジナリティに溢れた住まいになりました。

27 1月, 2017