寝室のアイデアとインスピレーション | homify Japan

特集記事

壁を一工夫!おしゃれな部屋の作り方

おしゃれな部屋に住みたいと思う気持ちは、インテリアに興味を持っている人の多くが持っているのではないでしょうか。その中でも、どこに手を付けたらいいかと迷っている方もいらっしゃるのでは?今回は、壁に注目し、おしゃれな部屋にするために壁面のアレンジを施す方法について考えていきたいと思います。家具や小物でおしゃれさを出すのではなく、かべを使うなんてちょっと意外かもしれませんが、室内の広い面積を占めるパーツだからこその魅せ方があるんです。

17 1月, 2017

狭い部屋でも心地よく!ソファの選び方

ソファは、自宅でのんびりくつろぐときにあるとうれしい家具ですが、狭い部屋に置くと場所を取られて窮屈に感じてしまうことも。最近の住宅事情では、フローリングのリビングが増えているため、床に座るにはちょっと寒々しくて寛げないかもしれませんね。狭い部屋でも狭さを感じさせないソファ選びは、コツを抑えれば簡単です。今回は、形や色、レイアウトなどいろんな角度からおすすめのソファをご紹介します。

16 1月, 2017

レイアウトに一工夫!狭い部屋の暮らし方

狭い部屋で快適に暮らすためには、いろんな工夫が必要ですが、そのうちの一つとして挙げられるのが空間のレイアウト。大きな家具の置き方や縦の空間を使う方法など、ちょっとしたコツを知るだけで、ぐっと過ごしやすさがアップします。今回は、お部屋のレイアウトに注目して狭い空間を上手に使う方法をいろいろご紹介します。賃貸でも新築、リノベーションでも取り入れられるようなアイデア、集めてみました。

15 1月, 2017

一人暮らしのおしゃれな部屋づくり

一人暮らしの部屋は、自分だけのお城。誰からも干渉されることなく、心置きなく自分好みのおしゃれなカスタマイズにしたいものです。人を招いて楽しみたい方もいれば、趣味にどっぷり浸るためのインテリアにしたい方もいらっしゃるでしょう。今回は一人暮らしのおしゃれな部屋づくりと題して、ちょっとしたアイデアをご紹介します。気になる内装、真似したいポイントなど見つけてみてくださいね。

11 1月, 2017

壁を使った素敵なアイデア10選!

室内の大きな面積を占める壁。多くの人が白い壁紙を無意識に選んでいることでしょう。しかし壁の素材や質感、色にこだわれば、部屋はもっと魅力的に洗練されたインテリアとなります。今回は特に壁にこだわりが詰まった10の寝室を紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい!

04 1月, 2017

ベッドルーム:ダブルベッドのデザイン6選!

ベッドルームはくつろぎの場所を提供するために大切な空間です。人生の1/3は睡眠時間と言われるほど、人間の体にとって大きな比率を占めるベッドルーム。今回ご紹介するのは、ダブルベッドのある空間6選です。まるでホテルのようなおしゃれで心地よい空間の設え方に注目しましょう。

04 1月, 2017

大人の女性のための素敵なインテリア

素敵なインテリアに囲まれて暮らす生活は、自宅で過ごす時間を最大限に楽しめていると言えるのではないでしょうか。でも、昔から使っている家具を手放せなかったり、必要に応じて買い集めた結果、コーディネートがイマイチだったりということも。パーフェクトで素敵なインテリアづくりってなかなか難しいですね。今回は大人の女性が憧れるようなインテリアをいくつかご紹介します。お好みのテイスト、見つかるでしょうか。

25 12月, 2016

海外のおしゃれなインテリアに学ぼう

海外のインテリア雑誌などを見ると、日本のそれとはまた違った趣のおしゃれなインテリアに思わず釘付けになってしまうこと、ありませんか?ライフスタイルの違いはありますが、外国らしいおしゃれさを取り入れてみたいと思いつつも、なかなか踏み出せないということもあるかも?!今回は、海外のおしゃれなインテリアをいくつか挙げて、日本人にはあまりなかったアイデアをご紹介します。

21 12月, 2016

システムベッドでコンパクトな部屋も有効利用

システムベッドは、いわゆるロフトベッドやベッドに複数の機能を持たせた家具のこと。コンパクトな家やこぢんまりとした一人暮らしの部屋の強い味方になってくれます。いろんな会社から様々なデザインのシステムベッドが販売されていますが、既存の使い方だけでなく、意外なデザインや利用法について知っておくと、カスタマイズのバリエーションも広がります。今回は、いろんなシステムベッドを集めてみました。ベッドについては、こちらの記事でも紹介しています。

06 12月, 2016

すりガラスを上手に取り入れよう

すりガラスは、硝子の片面をこするなどして加工し、不透明にされたもの。普通の硝子のように外から丸見え、ということにならず、柔らかな光を取り込むことができるため、プライバシーの確保やインテリアデザインという意味でも上手に取り入れたいアイテムです。では、どんなところにすりガラスを取り入れるのがよいのでしょうか。今回はすりガラス、そして型板ガラスの利用法について考えていきたいと思います。

30 11月, 2016