Ana Rita Soares- Design de Interioresが手掛けた寝室

間接照明まとめ

間接照明まとめ

リラックスできる素敵な間接照明をお探しですか?こちらでは最新トレンドの間接照明器具を使った寝室の実例写真を始め、特集記事やインテリアデザイナーまで幅広く紹介しています!
リラックスできる素敵な間接照明をお探しですか?こちらでは最新トレンドの間接照明器具を使った寝室の実例写真を始め、特集記事やインテリアデザイナーまで幅広く紹介しています!

間接照明とは?

蛍光灯のシーリング照明など、部屋全体を一つで明るく照らしてくれる照明とは違い、部屋のコーナーなどに配置し、壁やインテリアを照らして部屋をやんわり暖かく照らしてくれるのが間接照明です。直接的にではなく「間接的」に部屋を照らしてくれることからこの名前がついたんですね。綺麗に部屋を映してくれる間接照明を上手に使うととても雰囲気溢れる部屋をデザインすることができます!

間接照明の利点・効果 

間接照明の利点としてまず言えるのが、「ぬくもり」です。ビシッと真っ白く部屋を照らしてしまうより、少しメローでゆったりとした薄暗い部屋にボタンひとつで変えることができるのは大変大きく、どんな素敵なインテリアを揃えるよりも効果的で安価に抑えられるインテリアコーディネート方法です。さらに照明を部屋の角や素敵なインテリアの目の前に飾ることにより、普段注意をひいてもらえないお気に入りのインテリアも注目してもらえるようになります。スポットライトなどはそういった用途専門として生み出された照明器具です。さらにベッドの下や特別な形をした室内デザインに間接照明を用いると、普段見ないような部分に視線を取られてファンタジー感を生み出すことも可能です。

間接照明の種類 

ペンダントライト 

  天井から吊るされて部屋全体を明るくするライトです。寝室でも読書や書き物など作業する場合に必要です。強めのライトを付けましょう。

シーリングライト

ペンダントライトよりももっと広範囲に届くライトを出します。蛍光灯などを取り付けておきましょう。素敵な空間作りには向きませんが、掃除などするときに必要なライトです。

テーブルスタンドライト 

白熱灯などのオレンジっぽい色の電球と一緒に使うと、素敵な雰囲気漂う空間をデザインすることが出来ます。読書や寝る直前に使うライトとして一つは必ず持っておきましょう。

フロアスタンドライト 

床に立て置くタイプのライトで、背が高いものを選びましょう。できれば身長より頭一つ高いものを使用すると光が上からさすため使い勝手が良くなります。場所を取るので、なるべく壁付きライトなどをえらびフロアスタンドの購入は控えましょう。

スポットライト

天井などから直接下に向かって強い光を出すライトです。観葉植物やアートをしっかり照らして観賞する際に多く用いられます。光がとても強く一点から二次的に部屋へと広がるので、薄暗い寝室を表現する際にもってこいです。

フロアライト・足元灯 

センサーなどでベッドから降りた際に足元を照らしてくれる照明です。お年を召した片や、躓きの恐れがある場所では必ず取り付けておきましょう。

間接照明の部屋別置き場所 

寝室 

ベッド下:いつも照らされていない意外な部分「ベッド下」を照らすとファンタジーでおしゃれな雰囲気を出せます。 

ベッドサイドテーブル:読書などをする場合にどうしても必要になってくる間接照明です。少し明るめのものを選びましょう。 

部屋の各コーナー:コーナーを照らすことで視野が広がり、おしゃれな空間に早変わりすることができます。 

ベッドが接地している壁:ベッドに座る時に頭上から照らしてくれる照明です。こちらも本を読むときなどに大活躍してくれるライトです。

リビング 

部屋のコーナー:寝室と同様、コーナーを照らすことで部屋を広く見せることができます。 

テレビ裏:こちらも普段目のいかないところにライトがあるとちょっと不思議でぐっと雰囲気のある空間に変わります。 

ダイニングテーブルの真上:ペンダントライトなどでダイニングテーブルを頭上から照らすと素敵な食事の時間を過ごすことができます。 

テーブルの上:ろうそくなども間接照明として使えますが、テーブルの上に素敵なライトが灯るだけで雰囲気がぐっと上がります。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!