岡本の家: アトリエ・ブリコラージュ一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

天窓のある素敵な家5軒!

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

空に向かって開く、天窓。家の中から空が変化する様子が見られたり、月や星々を眺められるなんて素敵ですね。でも天窓の魅力はそれだけではありません。今回の記事では、素敵な天窓のある家5軒をそれぞれのメリットと共にご紹介したいと思います。

光溢れる室内

まず初めにご紹介するのは、兵庫の建築家、島田陽建築設計事務所が設計を手掛けたこちらのお住まい。敷地は曇天の多い山間部で、そこに明るく安定した室内気候をつくりだすために、この住居が提案されました。天窓のメリットは何と言っても、空に向かって開くので、効率的に採光が行えること。この建築では、ポリカーボネイト波板で構成された吹き抜けの2階部分が、天窓の役割を果たしており、柔らかい光が室内に溢れています。

写真: KENICHI SUZUKI

通気性も効率的

通気性も天窓を設けることのメリットの一つ。天窓のある部屋は、通気性は普通の開口部のある部屋に比べ、換気効率は4倍との調べもあるほど。ですから、匂いがこもるキッチンやダイニングの天井や、湿気の溜まりやすいバスルームなどにもお勧めです。京都のアトリエ・ブリコラージュ一級建築士事務所が手掛けたこちらの住居は、中庭のような位置に設けられた、大きなテラスがモダンな造りです。天窓と、テラスへと通じる開口部を開け放てば、抜群の通気性。心地よい風が心地よい住まいを演出してくれそうです。

写真:母倉知樹

開放感を演出

宇品東の家: SWITCH&Co.が手掛けたダイニングです。
SWITCH&Co.

宇品東の家

SWITCH&Co.

天窓は空に向かって開くので、開放感があります。そのため、住宅の密集した都市部には、最適の機能。コンパクトな家でもスカイライト・ウィンドウがあるだけで、住居空間がぐっと広がり、その効果は想像以上。空を生活に取り込むなんて、ロマンチックですね。リビングで流れる雲を眺めたり、星空を眺めたりといった楽しみも。こちらのお住まいは、建築面積約43㎡と、コンパクトな造りですが、天窓が設けられているため、圧迫感がありません。室内のライトと夜空のコントラストも綺麗ですね。

デザイン性

遠藤浩建築設計事務所がこちらのお住まいは、北欧風のデザインのリビングがとってもお洒落。そして、そのリビングをさらにお洒落に引き立てているのが、室内を明るく照らし出している天窓です。天窓は、実用性だけでなく、デザイン性においても優れた力を発揮します。天窓があるだけで、お部屋の印象もぐっとスタイリッシュなものに。アイボリーの木目調のインテリアにも、と共に、洗練された暮らしを演出しています。

畳の間にも天窓!

親世帯の広間: 星設計室が手掛けたリビングです。
星設計室

親世帯の広間

星設計室

畳の間に天窓というと、少し不思議な感じがするかもしれません。けれどこちらのリビングを見てみると、モダンな和室に明るい光が降り注いでいる様子が素敵です。天窓は、防犯性の面から見ても優れているので、年配の方でも安心ですね。

この記事について何か感じることはありますか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!