安心して暮らせる:自然災害に強い家5軒! | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3688:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

安心して暮らせる:自然災害に強い家5軒!

Y. Y. Y. Y.
軒家/NOKIYA モダンな 家 の 株式会社濱田昌範建築設計事務所 モダン
Loading admin actions …

災害に強い家を建てることは、地理上自然災害が多い日本住宅に重要な点です。地域の気候や環境、地盤などに合わせた災害に強い家を建てるにはどうすればよいのでしょうか。「備えあれば憂いなし」と言いますが、水害に強い家や台風に強い家など自然災害に備えて建てられた住まいは大きな安心感があります。今回は、そんな災害に強い家を追求した家5軒をご紹介します。

台風対策

自然災害と言っても、地震や洪水それに土砂崩れなど様々ですが、まずは台風に強い家をご紹介。石川県の建築家、ハルナツアーキが設計を手掛けたこちらのお住まいは島の90%は亜熱帯の原始林に覆われているという自然豊かな西表島に位置します。台風に襲われることの多いこの地域では台風に強い家が欠かせず、その一般的な対策として雨戸の設置が主流です。しかし停電の際には雨戸を閉め切った暗い室内で数日間を過ごさなければいけないことも。そこでこちら台風に強い家は、対策として雨戸を取り払う代わりに特殊な防風ネットを庇先端に取り付けられるようにし、暴風を和らげる工夫がなされました。台風に強い家だけでなく、台風に襲われた際にも快適に過ごせる工夫がされています。

 写真:中村絵


▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています。◀

※ の写真ページ

積雪対策

鋭角の屋根が印象的なデザインのこの建築が建てられたのは、新潟県十日町市・津南町。この街で開催される国際アートイベントに参加するアーティストが滞在・制作を行うためのギャラリー兼ゲストハウスです。この急勾配になった屋根には実は、雪を自然に落とすという役割があります。雪の深い地域では、屋根に積もった雪の重みで開口部の開け閉めができなくなったり、さらには家が押しつぶされるというような深刻な事態にもなりえます。雪が自然に落ちてくれると、雪かきの必要もありませんし、安心して滞在できますね。

地震対策

自然災害の中でも最も恐ろしいと言われる地震。そのため住居の耐震性は日本に住む人の家選びで最も重要なポイントの一つです。地震対策の観点からも、最近注目を浴びているガルバリウム鋼板は、非常に軽い素材で家の構造部分に負担をかけないと言われています。こちらのお住まいはクライアントの要望の一つである耐震性を重視し、屋根・外壁ともにガルバリウム鋼板を用いています。すっきりとした外観がオリジナルな印象を与えますね。


【ガルバリウム鋼板については、こちらの記事でも紹介しています】

※ ガルバリウム鋼板の外壁を使用した家10選

火災時の安全

木製目隠し格子とコンクリート打放しの外観 モダンな 家 の モリモトアトリエ / morimoto atelier モダン 木 木目調
モリモトアトリエ / morimoto atelier

木製目隠し格子とコンクリート打放しの外観

モリモトアトリエ / morimoto atelier

水害に強い家や台風に強い家など自然災害時だけでなく、日常で起こり易い火災対策も大切です。こちらは鉄筋コンクリートと木造の混構造の住宅。一階は、庭に解放された広いリビングスペースやカーリフトを備えたガレージがあり、堅牢な耐震性・耐火性を持つ鉄筋コンクリートで造ってあります。住宅内や近隣住宅などで火災が発生した際に、住まいの外壁、床、屋根などが火に強ければ出火を防止することや財産を守ることが可能です。

クレジット: 金子建築写真室

耐震対策と開口部

日本住宅は地震対策が欠かせません。こちらは大きな開口部で明るい居住空間をつくる住まい。一般的に「開口部の大きい建物は耐震性に劣る」と言われる場合が多いですが、この住宅はサッシの内側に筋違を入れて耐震性能を確保してあります。その結果として構造計算上は「耐震等級3」という結果を出しています。

クレジット: earth-architect.jp

浸水対策

株式会社濱田昌範建築設計事務所が設計を手掛けたこちらのお宅は、水害に強い家です。二階に比べ、一階部分がかなり小さく、まるで宙に浮いているような印象です。一風変わった雰囲気のお家ですが、実は敷地は河口付近にあり浸水対策としてこのような水害に強い家のデザインが提案されました。二階部分を生活のベースにし、一階部分を頑丈に造ってあるので、万が一河が氾濫したとしても被害が最小限に抑えられます。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している建築会社 

水害対策

ボートハウスの外観 モダンな 家 の 土居建築工房 モダン
土居建築工房

ボートハウスの外観

土居建築工房

こちらは水害に強い家。台風時の高波による床下浸水の被害があった経緯から、建物を浮遊させるように計画されたこちらの「ボートハウス」。まさに宙に浮かぶ形の近未来的な住まいですね。自然豊かな環境は生活に豊かさをもたらしてくれますが、時には災害を起こし、脅威ともなります。この水害に強い家のように自然災害に対しきちんとした対策がなされていれば、毎日の暮らしも安心して送れることでしょう。

災害に強い家は、こちらの記事でも紹介しています。

免震・制震・耐震。あなたの住まいに合った地震対策は?

耐震性の強い住宅の特徴まとめ

耐火と防火の違いは?住まいを火災から守るために知っておきたい6つのこと

▶homifyで建築家を探してみませんか?募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※  


この記事について何か感じることはありますか?コメントをお待ちしています。
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!