岩田坂の増築: ELEPHANTdesignが手掛けた家です。

素敵な和風の家10選

Manami Sakaguchi Manami Sakaguchi

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

最近では、再び和風の住宅に人気が集まっています。古来和風の住宅にはしっかりとした構造のものが多く、長くそこで暮らすことができます。心地よく、温度や湿度の調整などもでき、いろいろなメリットがある和風の住宅は、純和風家屋だけでなく和風モダンや和洋折衷の家などバリエーションも豊富です。特に和洋折衷タイプの家は、和の雰囲気と洋風の機能性をうまく合わせることで、現代の暮らしに合わせながらも日本の伝統的な和を感じることができます。今回はそんな和風の家を紹介したいと思います。

日本ならではの和

歴史的風情が残る彦根市中心市街地の商店街に面する、江戸後期に建てられた町家を次代に継承できるように滋賀県を拠点に活動するタクタク/クニヤス建築設計がリノベーションを手掛けました。生活を豊かにするための大人の上質な空間が外観にもにじみ出ています。建設当時の構造を現し、素材が持つ歴史的な重みをモダンな空間として実現されました。エントランスもガレージスペースの扉も引き戸になっていることで、日本ならではの和を感じられます。

和を感じられる家

~深い軒の外部空間を楽しむ『平屋の大屋根の美しい家』: 西薗守 住空間設計室が手掛けた家です。
西薗守 住空間設計室

~深い軒の外部空間を楽しむ『平屋の大屋根の美しい家』

西薗守 住空間設計室

こちらは福岡県を拠点に活動する西薗守 住空間設計室が手掛けた和風の家です。純和風ではないですが、木の格子や屋根の形などから和を感じられる家となっています。どの部屋からも外を感じられる風景をつくり、平屋のような心地よさと自然に包まれた安らぎのある住まいを目指されました。そんなこちらの住宅からは青空や雲、雨や雪の天候そして移りゆく季節の変化を感じられます。いつでも外を家の中で楽しむことができます。

和を醸し出す要素

両側を建物で挟まれた敷地に建つこちらの住宅は、築約100年の京都の町家を現代の生活に合わせて暮らせるように、京都を拠点に活動する一級建築事務所(有)BOFアーキテクツが再生しました。あえて現代的な素材を取り入れることで一層伝統的な美を感じられる空間となっています。また、伝統的な街並みが多く残る京都の風景を壊さないようにと配慮し、外観も素材と様式にこだわっています。左側にあるお洒落な照明も和を醸し出すための、大切な要素の一つとなっています。

瓦に降り積もる白い雪

築120年の歴史を持つこちらの木造住宅の一部改修を、石川県を拠点に活動するワダスタジオ一級建築事務所が手掛けました。過去の風情を街の中に残すため、外壁は杉板による仕上げとなっています。内部は既存の木組を表しとして残しつつも、現代の用途に合わせ新しいレイヤを重ねることで、建物の歴史を感じながらも現代の暮らしを快適に過ごすことができます。また冬には降り積もる白い雪と外壁とのコントラストが美しい、風情のある和風の家です。

軒の深い美しい瓦屋根

正面からの眺め: katachitochikaraが手掛けた家です。
katachitochikara

正面からの眺め

katachitochikara

こちらは兵庫県を拠点に活動するKATACHITOCHIKARAが手掛けた瓦屋根が美しい、和風の住宅です。軒を深くかけることで、日差しや外部との距離感を確保しています。それでいて暗くなりすぎないように屋根の一部にガラス瓦を設けて、内部にほどよく光が差し込むようになっています。室内はひのきを使用されているので、肌理の細かい質感が落ち着きをもたらし、光が滑らかに反射することでやわらかく明るい空間となっています。

庭も家の一部である

岩田坂の増築: ELEPHANTdesignが手掛けた家です。
ELEPHANTdesign

岩田坂の増築

ELEPHANTdesign

立派な庭を持つこちらの住宅は岐阜県を拠点に活動するELEPHANTDESIGNが手掛けました。かつては家と同じように庭も大切に考えられ四季を感じられるような樹木を配し池や橋を設えて、人の手によって作為とも無作為ともとれるような自然を家の中に取り込んでいました。庭は家を構成する一部だったのです。ここにはそんな日本人独特の美意識がある美しい庭があります。そんな美しい庭に合わせ、最小限の存在感を示してくれるよう石場建てによる和風の住宅となっています。

天守閣のような空間を持つ和の家

こちらは兵庫県を拠点に活動する総合建築植田がリノベーションを手掛けた住宅です。風通しや採光が取れなかった空間を1階に屋外デッキを設け、それに面してLDKを設けたことで明るい空間となりました。2階部分は屋根裏の物置で暗くて全く利用されてなかったところを、内部の壁を取り払い壁の四周にガラス窓を取り付けたことで、光を取り込むと同時に外の景色が入ってくる天守閣のような空間に生まれ変わりました。外観もそんな開口部から温かい光がもれて素敵な和風の住宅となっています。

photo:K.sugino

懐かしい風景を思い起こさせてくれる

懐かしい風景に合う形に再生された佇まい: 株式会社古田建築設計事務所が手掛けた家です。
株式会社古田建築設計事務所

懐かしい風景に合う形に再生された佇まい

株式会社古田建築設計事務所

慶応3年以前に建てらてた築後150年の古い民家の再生と一部の増築を、兵庫県を拠点に活動する株式会社古田建築設計事務所が手掛けました。日本家屋独特の美しい和の雰囲気のある外観は、元あった形をベースに懐かしい風景に合う形に再生されました。また古い部分と新しい部分を対比させることで時間の経過を形として表現されています。古き良き日本の風景を思い起こさせてくれる素敵な和の住宅です。

歴史的地区に建つということ

こちらは京都を拠点に活動するHIROMU NAKANISHI ARCHITECTSとKei Fujita Architectsが共同で手掛けた住宅です。京都の特に歴史的地区にあるこちらの住宅。伝統的な風景を壊さず、また復活させるため形状や屋根のピッチ、高さ、壁のラインまで細かく設計されています。現代的な素材で作られていますが通りに合うように木の格子窓やドアを配置することで、現代の暮らしを送りながらも歴史的風景を壊さず周りと共存する住宅となっています。

和と和モダンを繋ぐ

愛着のある茶室だけを残して住宅の建て替えを、東京を拠点に活動する忘蹄庵建築設計室が手掛けました。既存の茶室棟と新築の住居棟、その2棟を玄関で繋ぐというプランとなっています。高さを茶室に合わせ平屋にし、和を感じさせてくれる石のアプローチが歴史を感じさせる茶室と隣に立つ新しい和モダンの住居とを違和感なく繋げています。

【和の住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 和モダンな住まいにする6つの方法

※ 日本家屋が持つ6つの魅力

※ 和風建築と洋風建築のメリット・デメリット

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼
募集ページは
こちら

和風の住宅はいかがでしたか?ぜひ感想をお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!