視線を避け、光と風をとりこむ連格子のある家 | homify

視線を避け、光と風をとりこむ連格子のある家

Michi Koba Michi Koba
連格子のある家 Atelier繁建築設計事務所 モダンな キッチン
Loading admin actions …

人や車の往来の多い道路に面した住まいでは、道路からの視線をいかに避けるかが重要となって来ます。ただプライバシーが確保できても、採光や通風に支障が出れば快適な住環境を保つことができません。今回ご紹介するこちらの住まいでは、連格子を用いることによって視線を遮りつつ、光や風の通る心地よい空間が生まれています。また連格子がその外観をより印象的なものとしています。

堤防道路沿いの住まい

敷地が位置するのは愛知県尾張旭市。大きな川の北側で、堤防道路に面して建つ住宅を建て替えたのがこちらの住まいです。計画に当たって一番の課題となったのが、その堤防道路からの視線をいかに避け、プライバシーを確保するか、ということでした。そして視線を遮りつつ、採光や通風を確保する方法として建築家とクライアントがたどり着いたのがこの連格子を用いたファサードです。格子には上下で異なる密度が取り入れられ、その密度に応じて、視線の通り方や採光の度合いも変化します。機能的な必要性から設けられた連格子ですが、こちらの住まいを特徴づけるデザイン要素となりました。

印象的な色使い

片流れ屋根の架かるシンプルなボリューム。黄色と黒、そして連格子の木部が絶妙なバランスを生み出しています。独特ですが、周囲ののどかな風景とも調和するモダンな外観となっています。

広々としたバルコニー

目の前には視線を遮るものがなく、空間にさらなる広がりを感じることのできる開放的なバルコニーです。これだけの広さがあれば様々なアクティビティが可能ですね。

木のぬくもりに包まれるLDK

白を基調としつつ、現しとされた梁や、木製建具、造作家具などによって木のあたたかみを取り入れた室内空間。アイランド型の広々としたキッチンは収納も充実しとても使い勝手が良さそうです。またリビングスペースへ向けてオープンな構成が取られているため、料理しながらの家族とのコミュニケーションも容易となります。左手に見える造作デスクはワークスペースでしょうか。ちょっとした作業や、子供たちが宿題をする場所が家族の集まる場所にあるのは嬉しいですよね。

​開放感と落ち着きが共存する空間

階段からバルコニー方向を望みます。LDK全体は、明るく開放的でありつつもどこか温もりを感じられる落ち着いた空間です。連格子によって程よく視線が通り、圧迫感も感じられません。

​大きな収納のある廊下

こちらは廊下の様子。壁一面には木製の造作棚が配置され、たっぷりと収納スペースが確保されています。このように家族の誰もが通る場所である廊下に収納があれば、スペースを有効活用できるだけでなく、家族で物も共有しやすくなりますよね。

視線を避け、光と風をとりこむ連格子のある家について何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) プレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!