リビング・ダイニング: TATO DESIGN:タトデザイン株式会社が手掛けたリビングです。

私好みの「かわいい」部屋探し

Nami Sasaki Nami Sasaki

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

自分の家を、自分の好みだけでデザイン出来るとしたら、どのようなプランを考えますか?きっと多くの女性が「かわいい」部屋を作りたいと願うのではないでしょうか。一口に「かわいい」と言っても、エレガントなかわいさから、ポップなかわいさ、レトロなかわいさ等、いろいろな「かわいい」がありますよね。そこで今回は、様々なテイストの「かわいい」を集めてみました。あなたのお気に入りの「かわいい」が見つかりますように!

カフェ気分で

こちらは東京を拠点に活躍するTATO DESIGN:タトデザイン株式会社が、リノベーションを手がけた住宅のリビングダイニング。キッチンに向かって設けられたカウンターは、ブロック塀の壁紙に彩られて、まるで落ち着いた雰囲気のあるバーのような空間に仕上がりました。インダストリアル調のスツールも素敵。取り払えなかった柱を有効活用したソファスペースも、ぽこっと奥まっていて可愛らしいですよね。厳選したインテリアが光る、カフェのようなお洒落なお部屋です。

遊園地がやって来た

homifyが手掛けた子供部屋

次にご紹介するのは、ロシアの建築家AnARCHIが手がけた、こちらの勉強部屋。遊園地がそのまま引っ越してきたかのような、ポップなデザインがとってもキュートですよね。レンガ風の壁紙には観覧車がプリントされ、カラフルなまるいライトは、まるで風船のよう。原色をたくさん用いているのに、うるさくなっていないのは、はっきりとしたテーマがあるからかも知れません。大胆な色使いを検討する際には、一貫した主題を決めると、センス良くまとめることが出来ます。

フランスの風を感じて

まるで南仏のホテルの一室のようなこちらのベッドルーム。パステルブルーとサーモンピンクの組み合わせは、どんなインテリアを使っても絶対かわいくまとめられる、鉄板の色使いです。石畳のような床材もお洒落ですね。大きく開け放たれた窓から吹くそよ風が心地よさそう。片開きの窓は、両開きより空間の余裕が必要ですが、その分開放感は抜群ですね。

ウエスタンリビング

H's HOUSE: dwarfが手掛けたリビングです。
dwarf

H's HOUSE

dwarf

吹き抜けに吊るされたライトがキュートなこちらのリビング。新潟県を中心に活躍するDWARFが手がけたリビングルームです。ウエスタン調のインテリアが、むき出しの梁が醸し出すカントリーの雰囲気によく調和していますね。あたたかい木目調と、シャビーな白の二種類の壁を用いることで、スタイルの違いを楽しむことが出来ます。家具もデコレーションもとことん追求した、こだわりのお家です。

天蓋×フェアリーライト

こちらはブラジルの建築家が手がけた住宅のベッドルーム。小さい時から夢見てた天蓋付きのベッドも、大人の女性仕様でシックにまとめられています。天蓋にランタンやフェアリーライトをからませると、さらにロマンチックな雰囲気に。天蓋の内側にライトを吊るして、レースを閉めてしまえば、外側からはシルエットが浮き上がり、ラグジュアリーな空間を演出してくれます。天蓋付きベッドはやっぱり永遠の憧れですね。

内と外との真ん中で

こちらはイギリスのインテリアコーディネーターが手がけた温室。レンガの壁とガラス張りの天井の対比が面白いですね。ガラスのサッシは柔らかな曲線を描き、アクセントに入れられたステンドグラスが彩りを添えています。豪華なシャンデリアも相まって、上質な空間作りに成功しました。このように天候に左右されることなく楽しめる半屋外のスペースは、ぜひ取り入れたいアイディアのひとつです。

童心にかえる

ポップな色使いが目にも楽しいこちらのインテリア。イタリアの建築家GIOVANNONI STUDIO&DESIGNが手がけました。まるで子供部屋のようなスケール感ですが、れっきとした大人のためのリビングルームです。ビビッドイエローのチェアやかわいい羊の木馬、大胆に描かれた壁紙等、それぞれがカラフルかつ個性豊かな形をしているにもかかわらず、見事にハーモニーを奏でています。大人になっても子供心を忘れずに、そんなメッセージが込められているかのようですね。

和室もしっかりかわいく

U's HOUSE: dwarfが手掛けたリビングです。
dwarf

U's HOUSE

dwarf

和室を「かわいく」するってどうしたらいいんだろう… そんな疑問をお持ちの方必見のこちらのお部屋。家形の入り口からして、意表を突かれる可愛さですよね。壁には和風のパターンの壁紙をチョイス。小さめの柄を選ぶとより伝統的、大柄だとレトロモダンな雰囲気に仕上がります。さらに床には琉球畳を用いると、普通の畳よりカクカクとしたフォルムが目立って、可愛いかもしれませんね。

暖炉を囲んで

RI-NOVO が手掛けたダイニング
RI-NOVO

Villa Rustica

RI-NOVO

イタリアの家具デザイナーRI-NOVO natural designが手がけたこちらのリビングダイニング。まるくぽっかりと開けられた穴ぐらが可愛らしいですね。中央に設けられた暖炉は、冬になると家族を引き寄せて離しません。大家族でもみんながぐるりとひとつの円になれて、和気あいあいと話が弾みそう。用途とデザインが一致している、あたたかみのあるリビングです。

田舎でもお洒落に過ごす

Plankbridgeが手掛けたキッチン

素朴なカントリー調が可愛いこちらの小さなキッチン。実はここは普通の住宅ではなく、ワゴンを改造して作られた、いわば移動可能なお家。ワゴンいっぱいに作業台の幅を取ったほど、決してスペースに余裕があるとは言えませんが、機能面はバッチリ。シンク代わりに取り付けられたブリキのバケツが、田舎らしくて可愛いですね。自然の中で休暇を取る時には、ぜひこのワゴンで朝ごはんを作りたいものです。

いかがでしたか?お気に入りのインテリアで、あなただけの「かわいい」部屋を演出してみてください!コメント、お待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!