Ⅱ型キッチンで余裕のある台所!そのメリット・デメリット | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

Ⅱ型キッチンで余裕のある台所!そのメリット・デメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
眺めのいい窓 モダンな キッチン の アーキシップス京都 モダン
Loading admin actions …

II型キッチンとは、セパレート型キッチンとも呼ばれますが、シンクとコンロが別々のキッチン台に取り付けられていて、それぞれのキッチン台が2列に平行に並んでいるキッチンタイプのことです。別のキッチンカウンターにシンクとコンロがあることから1つの特徴的なタイプですが、どんなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。今回はII型キッチンの長所・短所を紹介していきたいと思います。

II型キッチンの作業スペースの広さ

II型キッチンはシンクとコンロが2つのキッチンカウンターに分かれていることから、それぞれに十分な作業スペースが設けられます。作業スペースの広さは料理の効率にも関わってきますから、スムーズに快適に調理をしたい方にはおすすめのキッチンタイプです。また、広い作業スペースなら夫婦や友達と一緒に複数で料理をする際にも、ストレスなく楽しく料理ができるでしょう。

豊富な収納

フルフラットのアイランドタイプのⅡ型キッチン モダンな キッチン の ナイトウタカシ建築設計事務所 モダン
ナイトウタカシ建築設計事務所

フルフラットのアイランドタイプのⅡ型キッチン

ナイトウタカシ建築設計事務所

II型キッチンは、広い作業スペースのキッチンカウンターがある分、その下に広い収納スペースを確保できます。また、片側の対面キッチンの上部に棚を設置せず開放感を保ちながら、背後のキッチン台の上部や壁に豊富な収納を設置することができます。こちらのナイトウタカシ建築設計事務所が手掛けた住まいの白を基調としたスタイリッシュなキッチンでは、壁側のコンロのキッチンカウンターをコンパクトにして、その横に大きな収納棚を設置しています。それぞれの使い方や好みに合わせて、色々なかたちに対応できるキッチンタイプの1つです。

家族とコミュニケーション‎しながら楽しく料理

片側が対面式のキッチンとなるため、リビングやダイニングにいる家族や友人と会話を楽しみながら快適に料理をすることができます。‎また、こちらのジェイ石田アソシエイツが手掛けた住宅のキッチンのように、おしゃれな椅子をオープンキッチンの反対側に置くことで、キッチンカウンターで気軽に食事ができるだけでなく、その椅子がインテリアの1つのアイテムとしてとてもおしゃれな雰囲気を醸し出してくれます。

動線の短さ

眺めのいい窓 キッチン モダンな キッチン の アーキシップス京都 モダン
アーキシップス京都

眺めのいい窓 キッチン

アーキシップス京都

I型キッチンでこれほど広い作業スペース‎のキッチン台とすると、かなりの長さとなり、料理をしている時の横へ移動する距離も長くなりがちです。しかし、セパレート型キッチンであれば、広い作業スペースの中でも反転するだけでコンロやシンクへ移動することができます。コンロやシンクの位置が微妙に違うだけで使いやすさが変わってくるので、自分のキッチンの使い方を建築家とよく話し合いながらプランニングしていくといいでしょう。

広いスペースが必要となるII型キッチン

II型キッチンは作業スペースが広くなりますが、その分大きなスペースをキッチンに費やしてしまうことは、1つのデメリットとなり得ます。もちろん家自体に十分な広さがあれば問題となりませんが、そうでない場合はリビングやダイニングスペースを狭めてしまい生活空間の快適さが失われてしまうので、全体的なバランスを考慮していきましょう。‎

濡れた物を移動する時に床に水が落ちてしまう

コンロと‎シンクが別のキッチン台に離れているため、濡れた野菜などを別のキッチン台へ移動する時に水が床へ垂れてしまうというデメリットが挙げられます。濡れた野菜などはボウルやバットに入れて、水が垂れないような工夫が必要となるでしょう。また、万が一床が濡れてしまった時のために、床材を水や汚れに強いもの、あるいは水に濡れても滑りにくいような素材を選ぶといいでしょう。

キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています

※ アイランドキッチンの押さえておきたいメリット・デメリット

※ ペニンシュラ型キッチンで開放的な生活空間!知っておきたいそのメリット・デメリット

※ L字キッチンのメリット・デメリットまとめ集

※ 壁付けキッチンをよりおしゃれで使いやすくするアイデアまとめ

※ セパレートキッチンで使いやすく楽しめるキッチンに!その魅力まとめ集

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 


自分にぴったりのキッチンを選んで、快適で楽しい台所にしてみて下さい!コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!