角をスマートに使うバスルーム10

Shoko Shoko
Loading admin actions …

今回は角を使用しつくられたバスルームを紹介していきます。狭い空間でも、計算をし角を使う事によって、余った空間を最大限に利用できます。また角にできた隙間にインテリアや植物を置いたりと使い方は様々。さあ気に入ったバスルームはあるでしょうか?

角のスペースを利用して

ユニークなデザインのこちらのバスルームはポーランドから。バスタブは斜めに置かれ、脇には階段のような段差をつけ、小物をおく場所となっています。あえて角を残すようにして、そのスペースも利用できるように計算されつくられています。木材と、グリーンが融合しオシャレな空間に仕上がっています。

空いたスペースには緑を置いて

ブラジルの建築家によってつくられたのは、木材に包まれた、丸いバスタブがある空間。シャワーのスペースは四角で囲ってあり、バスタブは丸くすることによって空間のメリハリと優しい雰囲気が感じられますね。角にできた隙間には緑を置いて有効活用。窓から光も入り明るいバスルームです。

ブルーでスタイリッシュに

INSPACEが手掛けた浴室

ブルーでアクセントの効いた空間に仕上がったこちらのバスルーム。全体に角張ったデザインですが、バスタブはなめらかに丸みをおびていてオシャレに仕上がっています。小物もブルーで揃えてあり、ポーランドのインテリアデザイナーのセンスが出ていますね。

二つの空間でくつろげるバスルーム

こちらのバスルームは機能的なバスタブと、隣にはゆっくりとくつろげるスペースがあり、オレンジの光と共にリラックスできる空間ですね。二つの空間が実現するのも角を利用しているから。こちらを手がけた京都を中心に活動をする一級建築士事務所 (有)BOFアーキテクツは、機能性を追求しながら、そこから生まれてくるデザインを活かし、環境と調和した建築を目指しています。

全てを角に寄せる

こちらは壁紙が印象的なロシアのバスルーム。花びらが舞っているようで美しく、インテリアも可愛らしく置かれています。あまり広くはないスペースでも、角に寄せてしまえば、最大限に空間を利用できますね。床や壁の模様に凝った、オシャレなバスルームに仕上がりました。

外の光と空気を感じながら

まるで部屋の角に水溜まりがあるような、不思議なデザインのこちらのバスタブ。また外からの影がアートのように写し出されています。こちらは大阪を中心に活動する祐建築設計事務所によって手がけられたもの。外の空気も感じられ、気持ちのいいバスタイムとなることでしょう。

可愛らしいバスタブ

たまごの様な可愛らしい形をしたこちらのバスタブ。角から斜めに置き、オシャレに仕上がっています。こちらを手がけたのはドイツの建築家。イエローグリーンの色が落ち着きを与え、ホワイトで清潔感を。スタイリッシュな空間になめらかなバスタブが空間に優しさを与えます。

クールなバスルーム

こちらはロシアの建築家によって手がけられたバスルーム。天井に伸びるバンブーが空間の高さをアピールし、岩を連想させる斬新な壁でクールな空間に仕上がっています。バスタブを囲む角張った形と、壁や床のデザインで全体をまとめあげています。

角をスマートに使う

こちらのコンパクトなバスタブはドイツから。角の限られたスペースでスマートにつくられています。白と木材を使いシンプルに仕上がっていますが、壁紙や床は色を変えて、オシャレにデザインをされています。狭いからとバスタブを諦めてしまうのではなく、ちょっとした空間でもプロに頼めばつくれてしまうものですね。

二つの角度から景色を見る

那須高原の家: TAMAI ATELIERが手掛けた浴室です。
TAMAI ATELIER

那須高原の家

TAMAI ATELIER

優しい木材の香りが漂ってきそうな、こちらのバスルーム。窓が大きく外には植物があることから、四季の風景も楽しめますね。バスタブは角を含めることによって、違った角度から外を見る事ができ、新しい発見もあるかも。こちらを手がけた東京を中心に活動するTAMAI ATELIERは、住む人と家が共に成長できる家をテーマにしているそうです。

角を使った気になったバスルームはありましたか?コメントをお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!