三御堂の家: 市川設計スタジオが手掛けたリビングです。

斜面を活かして建てられた住まい

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家は様々な場所に建てられます。特に都市部では多くの人が集まるため、家を建てやすい土地を見つけることは簡単ではありません。そのため普通の家が建てられてないような小さな土地や、斜面があって平地が少ないような土地にも、家を建てることになります。今回紹介する家が建てられたのも、斜面がある土地です。そんな土地をどのように活用したのか、早速見てみることにしましょう。

高低差4メートルの斜面に建つ家

今回紹介する家を手がけたのは市川設計スタジオ。家は福島県の郡山市に建てられました。ただし、それは普通の敷地に建てられたのではありません。敷地にあるのは、高低差が4メートルもある傾斜。平面部分があまりなく、敷地の大部分が傾斜となっています。もちろん、このような場所に家を建てるために、ここでは特別な形状の住まいが考えられました。

橋状の構造で結ばれた建物

建物を正面から眺めると見えるのは2階建ての建物。それは箱型の形をしており、シンプルなものになっています。ただし正面から見るだけであれば、普通の家のように見えるでしょう。ですが、建物近付いていくと普通の家でないことがわかります。家の横に回ると見えるのは敷地を覆う斜面。そこには小さな建物が造られています。ただし斜面に建てられているため1階部分なく2階だけとなっています。そして、その前に建つ2階建ての建物と橋状の構造で繋げられているのです。

木に包まれるように感じられる空間

このような建物では1階には水回りの部屋とベッドルームが配置されています。また2階にはあるのはリビング、ダイニング、そしてキッチンのLDK。こうした住まいに広がるのは心地良い空間。それは木の素材の暖かさが演出してくれます。床は木のフローリングになっており、明るい茶色で覆われています。一方天井にも木の素材が使われており、ここでは上からも下からも木の存在感を感じられ、木に包まれているように感じられるのです

広々とした内部空間

このような家にあるのは広々とした空間。特に2階のLDKは、リビング、ダイニング、キッチンが壁で隔てられていないため、広々とした空間が広がっています。そんな広々とした空間を一層広く感じさせてくれるのは大きなガラス窓。それは壁の存在感を和らげて開放感を感じさせてくれるのです。

斜面を活かしてプライバシーを守る家

本住宅は斜面に建てられていますが、それはプライバシーを守る点で重要な役割を果たしています。LDKには大きな窓を設けていますが、それは斜面に向けられているため、外から家の中を見られることはありません。そのため立地の特徴を活かして外からの視線を跳ね除けることができるのです。このように本住宅では敷地のデメリットをメリットに変えるような素晴らしいものになっているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!